1. まとめトップ

Xperia Z3とiPhone 6冷静に比べると エクスペリアZ3だわ。

Xperia Z3 対 iPhones 6について冷静に詳細に比較。アイフォン6/エクスペリア Z3は防水防塵かiPhoen6/XPERIA Z3のカメラの違いを比較 新しいスマフォが発売される中、この二機種は間違いなくベストな選択になるでしょう

更新日: 2016年02月23日

tutaemanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
298 お気に入り 2924407 view
お気に入り追加

【Xperia Z3】と【iPhone 6・iPhone 6 plus】のどれを買うか迷っている方、少し引いて冷静に論理的に後悔しないようにこちらを参考に比較いただきたいと思います。実際の使い勝手や両機種の大きさそしてスペック、カメラなどの比較をしていきます。既にどちらかを買うことに決まっている方にも見ていただきたいです。

「XPERIA Z3シリーズ」「iPhone 6シリーズ」今買うならどちらでしょう?

▼「XPERIA Z3シリーズ」と「iPhone 6/plus」を冷静に比較検討
皆さん落ち着きましょう!

■目次:
-サイズ、本体色比較
-Android 4.4(XPERIA Z3のOS)とiOS8(iPhoneのOS)比較と説明
-画面の大きさ比較
-バッテリーとバッテリーの持ち比較
-主要スペック比較
-各独自機能とNFCや日本独自規格対応状況について
-防水防塵対応状況について
-音楽機能比較
-オプション品比較
-XPERIA Z3かiPhone6を選ぶための観点について
 -どちらかのアプリ資産がある場合は?
 - 以前のスマホや携帯から機能を削らず便利に使えるか?
 - 操作感はどうか?
 - 周辺機器観点でいうとどっち?
 - どちらが先進的かつThink differentか?
 - 音楽好きからの観点ではどっち?
★【結論】「Xperia Z3/Z3 compact」と「iPhone6/plus」どれを買うべき?
 - これもしかして、iPhoneのブランド力 vs XPERIAの先進性の戦いなの?

▼ サイズ、本体色比較

出典juggly.cn

XPERIA Z3のミントの発色の仕方が鮮やかだと思います。分かりやすく言うと、

■XPERIA Z3はiPhone6と同等サイズ。

■Xperia Z3fが小型のタイプで一つ前の機種iPhoe5sと同じぐらいのサイズ。


【スペック詳細最新情報は以下参照】
XPERIA Z3最新情報~単体ハイレゾ対応とPS4接続が来た! XPERIA 2014秋冬モデル
http://matome.naver.jp/odai/2140171705840714601

XPERIA Z3fはXPERIA Z3より一回りちいさくなります。カラフルで光沢もきれいでカッコいい
XPERIA Z3は光の当たり方で左がシルバーっぽく見えますが、左がXPERIA Z3の白、右がXPERIA Z3f compactの初音ミクのミク色のようなミント色になるようです。ミント色は人気が出そうです

大きくてエッジが丸いです。正面は相変わらずカッコいいですよね.
それにしても、plusでかいなと
■iPhone6 Plus
横 77.8ミリ
縦 158.1ミリ
厚さ 7.1ミリ
重さ 172グラム

iPhone6/plusスペック詳細はこちら
http://matome.naver.jp/odai/2141030943854050401

比較記事としてスペックも記載されていますのでそのまま読み進めていただいたらおおまかなスペックも理解できると思います

XPERIA Z ultraより一回り小さいぐらいでしょうか

参考)
■XPERIA Z ultra サイズ
横 92ミリ
縦 179.2ミリ
厚さ 6.5ミリ
重さ 212グラム

※改めて厚さをみてみると一世代前の機種なのにXPERIA Z ultraの厚さ6.5ミリは驚異的に薄いです。。

参考)以下XPERIA Z ultra(ファブレット) 紹介です、値段もSimfreeで約35000円ぐらいと考えると実はこの選択もありかもしれない
http://matome.naver.jp/odai/2137330120117583301

上がiPhne6 下がXPERIA Z3になりますね

■iPhone6
横 67ミリ
縦 138.1ミリ
厚さ 6.9ミリ
重さ 129グラム

■XPERIA Z3
横  72ミリ
縦 146ミリ
厚さ 7.3ミリ
重さ 152グラム

サイズはXPERIA Z3のほうが一回り大きいですね

【サイズ、本体色比較 まとめ】

▼サイズに関して、前回のiPhone5s対XPERIA Z2と違って今回はお互いに大きな「iPhone6plus」 「Xperia Z3」コンパクトサイズ「iPhone6」 「Xperia Z3 compact」 を出してきました。女性や手の小さい人にとって端末を画面サイズで選択できる選択肢が広がったことは購入する側にとってはとても良いと思います。

▼本体色に関しては、両方ともとても良い色だと思います。iPhone6は引き続き3色用意されていて派手すぎず、主張しすぎず、どれもとても良い色です。

一方XPERIA Z3は特徴的なカッパー色(銅色)が用意されています。iPhone6のシャンパンゴールドより少し濃い目な金属色になります。遠くから見たらすぐにXPERIA Z3だとわかる色ですね。
Xperia Z3 compactはポップなミントグリーン/オレンジが用意されています。スマホを使っていて楽しいと感じれる色になりそうです。

★色については私個人的には,どの色もよい色だと思います。甲乙つけがたく外したい色はまずないでしょうー。

▼ Android 4.4とiOS8比較と説明

以前こちらで上げていた各OSの弱点や足りないところ足してほしい所について、iOS8やXPERIA Z3に乗っている最新KitkatになったことでUPDATEされた機能について記載します

【iOSで良く言われる弱点のUPDATE状況】

■自由に中のファイルを触れない
■エクスプローラー風のアプリなどでファイル・フォルダに直でアクセス出来ない
→使っているアプリから別のアプリを開くことができる機能が追加されるようです。ファイルやフォルダをPCの感覚同様に自由に触れないのはセキュリティ上仕方のない事だと思います。今後こちらはこのまま変わらないと思います

■日本語入力ソフトやキーボードを変えることができなかった
 →なんと!iPhone6は変更できるようになっています。色々なキーボードスタイルが使用できるようですよ。でも無料でもできるだけShimejiは使わないほうがいいよ。情報抜いてチャイナに送っていたかもと疑われても仕方がない過去があるから。

参考)マジヤバイ! Baidu IMEとAndroidのsimejiが個人情報を中国企業に送信
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=10382

■ウィジェットが使えない(そもそもその機能が無い)
→通知部分がそれに近い機能をもツようになるようです。サードベンダーにもその領域を使ってソフトを開発することが解放されるようです。

■micro SD/SDHC/SDXCカードが使えない。
→iPhone6は16G 64G 128Gが用意されていて通常使うのには64G又は128Gを選べば容量関連は問題ないように思います。それ以上はクラウドにUPロードするか専用のアダプタを使ってSDカードなどの外部接続メモリをつけることができます。ネットにUPするにしても各キャリアの通信容量の上限が7Gなためwifiを使って補完をしなければなりません。本当の意味で、フルに活用し辛いです。そしてiPhone6の128Gは価格がぐっと高めです。一方micro SDXCだと、64Gでも大体3500円弱になりますね。メモリは必要な時に必要なだけ購入追加できたほうが良いと思います。

■基本的にアプリはApp storeからしかダウンロード&インストールできない
→こちらはセキュリティが原因でこうなってる事とアップルの思想がありますので今後変更はないと考えます。

【Androidでよく言われる弱点についてUPDATE状況】

一方XPERIA Z3をはじめとするAndroid陣営はセキュリティ部分で不安が残る。。

■素晴らしいゲームはiPhoneのみ。
→現在は本当に差が無いです。たとえばingressのようにandroidに先に出てiPhoneはバージョンが低くandroidですでに実装されている新機能の後追いのような状態まで出てきています。

■楽器系のソフトに弱い(タッチした時の反応速度が遅くて楽器としては使えない)
→以前もサクサクといわれていたandroidですが、それでもiPhoneから比べると画面をタッチして画面が反応するまでに10倍の時間の遅延があったようです。しかし現在は反応速度も徐々に追いついていると思います。今後技術革新と共にこの差はなくなると思います。

■Google playでDLできるソフトのセキュリティー問題があり、ソフトによっては、個人情報を抜かれる恐れがiPhoneより多いかも
→これは以前と変わらないかもしれません。セキュリティ対策は必要になってきているとおもいます。しかしiPhoneでも100%安心かといわれるとそうでもないため、怪しいソフトをいれない怪しいサイトに行かないようにするなど注意が必要です
アプリの危険度はこちらで調べてみよう)http://secroid.jp/

お互いにお互いの欠けていた機能を取り込んだり、取り込まれたりしてるようです。

以前から指摘されていたiOSの弱点がかなりなくなってきて最新Androidに機能面でも追いつき、両OSでの「できること」「できないこと」の差が無くなっているように感じます。

そちらを踏まえたうえで、

▼まだ初心者やスマホに興味がない方にはズバリiPhone 6をおススメします。あまりスマホに詳しくない人にどちらがいいか相談された時にはこちらを薦めれば間違いないと思います。老眼の親には画面の大きいiPhone 6 plusを薦めてもいいかもしれませんね。

▼XPERIA Z3/XPERIA Z3fには出来ますが、iPhone6に出来ないことは沢山あります。しかしその逆は「指紋認証機能」以外ないと断言してもイイと思います。

▼いろんな人とスマホ被りするよりもXPERIA Z3/XPERIA Z3fを買って真の「Think different」を体感するほうがカッコいいという意見もあります。

★とくにTwitterやLine,Facebookぐらいの使用であれば何方を買っても後悔はしないでしょう。画面をタッチしたりスワイプしたりする感覚は、まだ僅かですがiPhone6のほうが分があるようです。こちらについては実際近くのヨドバシカメラなどで体験してみるのをお勧めしますよ。

タッチの追従性ではiPhone最強と思ってましたが、いつの間にかAndroidが抜いたんですね。HTC M8の46msは凄い。iPhone6で65ms、Plusで67ms、Xperia Z3は80msとか。 pic.twitter.com/JOxzARt0UZ

タッチに対する反応性も徐々にandroidは良くなってきているようです。このグラフで見ると、HTC M8が最高の46ミリ秒とクイックに反応するようです。ちなみにXPERIA Z3はまだiPhone6より反応は遅いようですが通常仕様では問題ないと考えます。実質XPERIA Z3でも問題ありませんね

※だけど、以前フェリカを使っていた方はiPhone6を選んじゃダメ。フェリカついていません。XPERIA Z3には全部ついています。今のところない機能は指紋認証だけ

【結論】
今回のappleの華やかなカンファレンスに気を取られて、スマホの基本的な性能や使い勝手に注意が行かなくなっているようなので、冷静に判断したほうがいいと思います。

冷静になって考えると今回iPhoneが進化した部分はすでにXPERIA及びAndroidスマホ(GalaxyやNEXUS4/Arrows/AQUOS) には1年以上前に既に搭載されていた機能で、今回二周遅れだったiPhoneがやっと一周だけAndroidスマホに追いついてきたような印象です。

★Xperia Z3を買っておけば間違いないとは思いますね。「おサイフケータイとかイラネーし」という方や、以前のiPhoneのUI画面と変わらない高い操作性を期待するならばiPhone 6でOK、「俺っちこれもっちゃってるぜー感」。「俺かっけー感」。がとても高いと思います。スタバでドヤ顔できちゃいます。特にiPhone 6 plusならね。でっかいし。

1 2 3 4 5 6 7 8





スマホ系、食べ物系、ぎーく系いろいろまとめています。見てね!
最新2016 XPERIA X まとめ
http://bit.ly/XPERIA_X



  • 話題の動画をまとめよう