1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

朗報!数十年で80年の水準に戻るとも オゾン層が回復傾向に向かっているらしい

フロンなどによって破壊が進行していたオゾン層が回復傾向にある報告書が提出され話題になっています。

更新日: 2014年09月16日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
39 お気に入り 22907 view
お気に入り追加

オゾン層が回復してるらしい!!

2050オゾン層が1980年代の水準にまで回復 これも正確な情報ではないが希望的観測やな

そういえば オゾン層の減少を止めて回復傾向にあるらしいですね しかし ニコニコのニュースではCO2濃度が最高潮出てる でもオゾン層ちょっと復活してきてる どういうことww

2050年までに1980年の水準まで回復との声も

現時点でオゾン層破壊は進行しておらず今世紀半ばまでには北極圏や中緯度地域のオゾン層が80年の水準まで回復することが期待されるという

各国のフロンガスなどの排出削減が奏功し、2050年にかけ、層の破壊が深刻化する前の水準へ回復が進むとの報告書を発表した

オゾンホールはこの後も縮小と拡大を繰り返し、数十年後にようやくふさがると見られている

オゾン層ってなんぞや?

オゾン層は、太陽からの有害な波長の紫外線の多くを吸収し、地上の生態系を保護する役割を果たしている

有害な紫外線を遮るオゾン層は1980年代以降、破壊が進みました

1970年代半ば、人工的に作り出された物質であるクロロフルオロカーボン類(CFC 類:フロンとも呼ばれます)がオゾン層を破壊する可能性が指摘されました

フロンの多くは、かつてはエアコン、冷蔵庫、スプレーなどに使われ、大気中に大量に放出されていました

各国の対策が功を奏しているみたい

オゾン層を保護しようと1987年に採択された「モントリオール議定書」に基づき、日本を含む各国がフロンガスなどの排出規制を強化してきた

「『モントリオール議定書』は世界で最も成功した取り決めの一つであり、今後地球温暖化などの課題に取り組むためにも、国際協調が不可欠だということを示している

1





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう