1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

また言わないでいいことを口にした…失言をしがちな人が考えたいこと

また言わないでいいことを口にした…発言を後から後悔したことはありませんか?一度、口から出てしまうと、取り返しがつきません。相手はそれがあなたの本音だろう…と思います。失言をしがちな人が考えたいことをまとめます。

更新日: 2014年10月10日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
534 お気に入り 115998 view
お気に入り追加

▼ つい、やってしまうことがある 「 失言 」 だが… ※思わず出る…

わたしの人生「失言」だらけ!思い出しはじめると、恥ずかしいやら情けないやらで、大声を出して、どこかに走り去りたくなります・

受験期、親友の志望校を聞いたときに、「 えーそんなとこ? 」と言ってしまい、親友の怒りを買う。( 親友ならもっと良い学校に行けるはず、という意味のつもりだったのですが、弁解も虚しく。 )

▼ 「 口は災い ( わざわい ) のもと 」 ということわざがある…

うっかり話したことで、思いがけない災難を受けることもあると・

不用意な言葉から災難を招くことがあるので、言葉は慎むべきもの

「口は災いの元」と言う通り、不用意な発言で困った状況に陥って

「口は災い(わざわい)のもと」とは口から不用意に発した言葉や余計なひとことが災い(不幸な出来事、不運、災害などの意味)をまねく場合が多いという意味で、言葉遣いは慎重にせよということわざ

▼ 相手を不用意に傷つけてしまうことになる… ※人間関係を壊す元

聞いた人は、「思わず本音が出たね」と考える。なので、後から言い繕ってみても効果は薄い…

自分の勝手な思い込みが気づかないうちに相手のことを「傷つけるような言葉」となって発せられてしまうことはあるかもしれませんが

▼ 相手を怒らせると、思わぬ 「 しっぺ返し 」 をくらうことになる…

相手を刺激することにより、思わぬ「しっぺ返し」をくらうことになりかねない…

表現一つで伝わり方は異なるもの。知らず知らずのうちに相手を傷つけたり、不快にさせることのないよう、ちょっとした気配りが大切

メディアを通じて、相手チームを怒らせたり、挑発したりする言動をしてしまうことだ。メンタル部分の要素が試合に大きく影響するため、選手達の記者への発言には、コーチは細心の注意と指導が必要と

▼ 「 失言 」 をしやすくなるシチュエーションをできるだけ避ける…

何か言ってしまいたい衝動をセーブせずそのまま反応してしまった

内心思っていた事を口にしてしまった場合もあれば、自分でも思ってもいないような事が何かのはずみで口から出てしまった場合もある

飲酒時やストレスや疲労を感じている状態の時は、特に気をつける…

コントロールが弱くなる時は、脳が衝動をストップさせる力が弱く

「疲労がたまっている時」や「飲酒時」などは、何か言ってしまいたい衝動にストップをかけるのがなかなか難しくなるかもしれません

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう