1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

テレビでやらないヨーロッパの移民問題が闇すぎる…

15日、700人余りの移民を乗せた船が沈没。原因は移民をあっせんした業者だという...実は今年に入って続出していた移民船を狙った沈没事件について、まとめてみました。

更新日: 2014年09月16日

プーんさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
85 お気に入り 128398 view
お気に入り追加

地中海で700人を乗せた船が沈没。。

国際移住機関は15日、地中海で難民船2隻が相次いで沈没、計700人以上が犠牲になった可能性があると明らかにした

シリアやパレスチナなどからヨーロッパへの移住を望む約700人を乗せた密航船だった

原因は事故ではなく、業者による殺人か・・・

生存者から得た証言によると、移民らは6日にエジプトを出発。その後、あっせん業者により何回も船を乗り換えるよう強制された

しかし船の小ささを懸念した難民らが乗り換えを拒否すると業者らは腹を立て、自らの船を難民船に衝突させて転覆させたという

国際社会からは「もし事実なら、事故ではなく大量殺人だ」などと非難する声も上がっている

今年に入って、2000人近くが亡くなっている

今年1~6月には7万5000人以上がヨーロッパ4カ国にたどり着き、事故による死者も増えている

地中海を航海中に死亡した人の数は今年に入り、8月時点で1900人近くに上っており、6月以降は1600人が亡くなっている

14日にも地中海でヨーロッパへの密航を企てた200人近くが船の沈没により死亡してる

移住者の多くはアメリカや中東の難民で、リビア情勢の不安定化などを受けて近年増加傾向にある

シリア内戦の激化やアフリカ諸国の政情不安が原因

手薄すぎる準備での渡航が原因とみられる

写真に映る後ろ人々は皆、地中海を横断中に救助された

一生分の貯金を密輸業者に支払って、食糧や救命胴衣のない小さな船のわずか数メートルの空間に押し込められた状態でやってくる

さらにイタリア海軍が助けてくれるという見通しが、航海に適さない船での旅を恐ろしいものでないように見せている

EUは人やモノの移動の自由を基本的な理念とし、国境の出入国審査を廃止したシェンゲン協定も大量の移民を増やした原因の1つ

EUの玄関口、イタリアには重荷がのしかかる

多くの移民らの漂着先となっているイタリアは個別の国での対応には限界があるとして、EUに協力を求めている

景気低迷に苦しむ加盟各国は移民・難民の受け入れに消極的になっており、EUとして明確な政策をまとめにくい情勢にある

イタリアはアフリカ移民たちにとってヨーロッパへの「玄関口」で、これからもヨーロッパを目指す移民は後を絶たないと思われる

1





プーんさん

ゆるキャラあつい。にしこくんのファンですがバリィアタックもくらいたいです。どうぞよろしく。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう