1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

映画『ボーン』シリーズにマット・デイモンが復帰!?グリーングラス監督と再び強力タッグ、ファン大喜び

大人気映画『ボーン』シリーズにマット・デイモンが復活するかもしれない・・・なんとグリーングラス監督が再び、ボーンシリーズの製作にあたってメガホンを握ることになった。マットとグリーングラス監督は最終合意に至っていないようだが契約をまとめている段階に入ったとの事。これは期待高まる情報となった!

更新日: 2014年09月17日

alive1984さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
53 お気に入り 35232 view
お気に入り追加

・ マット・デイモンが映画『ボーン』シリーズに帰ってくるぞ!

俳優のマット・デイモンが、映画『ボーン』シリーズに帰ってくる話し合いをしていることが分かった。

マット・デイモン

マットがボーンシリーズに帰ってくるぞ!

『ボーン』シリーズへの復帰を検討しているようだ。

マットがボーンシリーズへカムバックするぞーーー

Variety誌の報道によるとデイモンとグリーングラス監督は、2007年のシリーズ3作目『ボーン・アルティメイタム』の後、自分たちの『ボーン』はこれが最後とコメントしてきたが、最近になって、やや考えを変えたらしい。

映画版『ボーン・レガシー』では主役の座を別の俳優に譲っている

そんなマットとポール・グリーングラス監督がユニバーサル・ピクチャーズと同シリーズの新作の製作の話し合いを行っていると芸能情報サイト「デッドライン」は伝えている。公開は2016年を予定しているそうだ。

マットの復帰作はまだまだ先だというが・・この朗報にファンは大喜びだという

グリーングラス監督との強力タッグが再び結成!?

デイモンとグリーングラス監督の『ボーン』最新作がその後になるのか、あるいはレナーとリン監督の作品に取って代わることになるのかは不明だ。

一方で今年6月、マットがジェイソン・ボーン役を再び演じる契約に応じたと報道されており、マットは「ポール・グリーングラスが監督ならいつだって僕はウェルカムだよ」とコメントしていた。

マットはグラス監督とのコラボは大歓迎だという

『ボーン・アルティメイタム』まで出演していたマット・・

近い将来製作されるボーンシリーズの新作に出演することに意欲を示しているという

マットとグリーングラス監督は最終合意に至っていないようだが、現在、契約をまとめている段階とのこと。

良い段階まできていますね~

グリーングラスは「ボーン」シリーズで「ボーン・スプレマシー」と「ボーン・アルティメイタム」の監督を務めている。

グリーングラス監督との出会いでマットは更なる飛躍ができた

関係者がこの話を明かしたとのことで、シリーズの製作・配給を務めるユニバーサル・ピクチャーズは今のところノーコメントを貫いているという。

映画「ボーン」シリーズといえば・・マット・デイモンのイメージが強い!

マット・デイモンといえば・・ボーンシリーズ

原作者のロバート・ラドラムの死後、ジェイソン・ボーン・シリーズは別の作家エリック・ヴァン・ラストベーダーに引き継がれ、『ボーン・レガシー』を始め2014年までに9作が追加発表された。

ボーンシリーズの顔といえばマット・デイモン

マットは映画『ボーン・アイデンティティ』(02)、『ボーン・スプレマシー』(04)、そして『ボーン・アルティメイタム』(07)にジェイソン・ボーン役で出演。2012年にジェレミー・レナーが主演で映画『ボーン・レガシー』が公開されたが、マットは出演しなかった。

画像参照↓

マットは『ボーン・アルティメイタム』にまで出演していた

グリーングラス監督とマットは映画版『ボーン・レガシー』(12)で再タッグを組む予定だったが、グリーングラス監督の降板に伴い、マットも出演を取り止め。映画版は原作と異なりジェイソン・ボーンが登場しない別の物語を展開させる形となった。

現在進行中のシリーズ5作目では、ジェレミーと『ワイルド・スピード』シリーズで知られるジャスティン・リン監督がタッグを組んで製作している。

ユニバーサルはマット主演の映画だけでなく、今後もジェレミー主演の同スピンオフ作品もシリーズとして継続していくとみられている。しかしながら今のところユニバーサルは一切のコメントを控えている状況だ。

■ マットの復活がとても楽しみである ■

二人がコンビを組めば最強であることはまちがいない!

昨年グリーングラス監督は同メディアに、記憶を取り戻したボーンにこれ以上物語を作ることはできないと語っていた。それだけに、今回の話が実現すれば、まさにサプライズとなる。

『ボーン・アルティメイタム』後、2010年作品のアクション『グリーン・ゾーン』で再タッグを組んだマットとグリーングラス監督。新ジェイソン・ボーン・シリーズでも息の合った連携プレーを見せてくれるに違いない。

グラス監督と再び映画を作れることになったマットは本当に嬉しいことだろう

もしもグリーングラス監督とマットのコンビが復活するとなれば、6作目以降となることだろう。

1 2





主に海外ニュースを中心にまとめ記事を作成しています。

その他ざっくばらんにまとめ記事を作っていたりと・・臨機応変にやっていますので宜しくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう