1. まとめトップ
  2. カラダ

ぽっこりお腹やお尻が垂れる原因に...女性に多い"反り腰"とは

鳩の胸のように胸を張って、胸を前に突き出して、バランスを取るために、お尻を後ろに突き出した形になります。反り腰の人は基本的には女性に多いとされています。特に普段高いヒールをよく履く女性は腰も反りやすくなります。

更新日: 2014年09月17日

ranranran000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2821 お気に入り 418847 view
お気に入り追加

■反り腰とは

反り腰とは、いわゆる「出尻鳩胸(でっちりはとむね)」の姿勢のことです。

反り腰とは腰の骨(腰椎)の前湾カーブがきつくなっている状態です。

鳩の胸のように胸を張って、胸を前に突き出して、バランスを取るために、お尻を後ろに突き出した形になります。

■反り腰は女性に多い

意外と多く見かけるのが女性で自分で姿勢を正そうとすると腰を反ろうとこの状態になる方が多いです。

女性に多い、内股で歩いている方。かかとの高い靴をよく履いている方に特に多いです。

反り腰の人は基本的には女性に多いとされています。特に普段高いヒールをよく履く女性は腰も反りやすくなります。

■慢性的な腰痛になりやすい

まっすぐに立っている背骨が、腰とお尻の境目のところで、無理にきついカーブになってしまうので、腰痛になりやすく なります。

急に痛くなる腰痛ではなく、徐々に痛くなってく、じわじわ長い時間、腰が痛いなど、慢性的な腰痛 になりやすいのです。

自分では良い姿勢をしているつもりですが、これですと逆に腰に負担が掛かり肩こりや腰痛になります。

■下半身太りの原因にも

他の人に比べて、自分は下腹部にお肉がついていると思っている人の中に多いのが、反り腰タイプの姿勢の人なのです。

太もも・お尻の筋肉の運動量が低下しますので、必然的に太もも・お尻にお肉が付いてしまいます

下腹部が前に押し出され「ぽっこりお腹」や股関節にかかる重心軸の崩れから、お尻が垂れる、お尻が横に広がってくるなどの外見的な特徴も見られます。

■チェックしてみよう

・仰向けで寝にくい。仰向けになると腰が少し浮く
・壁に背中をくっつけると隙間が空く。(グー拳が入ると危険)
・痩せているのにお腹が出ている。
・猫背が気になっている。
・耳の位置より肩の位置が前に出ている。
・足が痺れて痛くなる事が多い。
・慢性的な腰痛や肩と首のコリがある。

腰と壁の間に手がすぽっと入るくらい余裕があるなら、骨盤が前傾して腰が反っている証拠です。

●仰向けに寝るのがつらい●肩と耳の位置を比べると、肩のほうが後ろにある

■反り腰の改善方法

立っているときも座っているときも、耳と肩と腰骨が一直線になって、天井から紐で吊るされているイメージを持ちましょう。

反り腰は体幹の筋力不足や姿勢の悪さが原因なので、筋トレやストレッチと普段の姿勢の矯正か必要です。

1





ranranran000さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう