1. まとめトップ
  2. カラダ

カロリー消費もアップ!日常生活でできる5つの「運動不足」解消法

運動不足解消の為に、ウォーキングやランニングなどしたいけどなかなか時間が取れない~って人におすすめ。日常生活の行動をすこし意識して変えてみるだけ!痩せやすい体をつくろう♪

更新日: 2014年10月21日

rii8saさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
816 お気に入り 289258 view
お気に入り追加

運動不足ではないですか?

なぜ、運動が大切なのかというと、私たちの体を健康に保つためなのですが、具体的には血液とリンパの循環に関係があります。

体力低下、体調不良、疲れやすい、集中力の低下、腰痛肩こりなど体の痛み、肥満、肌荒れ、便秘、体の冷え、不眠症、精神的な面にも悪影響を及ぼします。

運動不足と感じている人は、全体の9割近く(87.0%)にのぼる。

20歳から69歳までの男女1000人が対象

■1日に歩く時間は、40分以下である。
(通勤、通学、買い物も含む、合計時間)
■昼間は座っていることが多い。
■猫背だったり、姿勢が悪いと感じる。
■人より歩くのが遅い。
■何もないところでつまづく。

上に当てはまる人は、運動不足かも。

▼「姿勢」を正して、基礎代謝を上げよう!

姿勢がキレイだと見た目も全然違います。

姿勢を正すことで腹筋や背筋、太もも周りの筋肉、さらにはインナーマッスルが働き始めます。

正しい姿勢を保つだけで、肺活量を上げて、基礎代謝量を増やす効果があるということです。姿勢を正すと、ずれていた内臓が正しい位置に戻って、正常に働くようになるので、さらに基礎代謝量がアップする効果があります。

▼「早歩き」は、ゆっくり歩くより約2倍カロリー消費!

さっさと歩いた場合、1分間で約3,3kcal。散歩やウィンドー・ショッピングのようなブラブラ歩きは、2,7kcal、大股で早歩きした時は、約4,2kcalと言われています。

とえば血糖値の高い人(糖尿病)でも、歩く速度の速い人ほど死亡率が低く、また心筋梗塞など血管系の病気にもなりにくいという報告があります(アメリカ・ハーバード大学の研究チームによる。読売新聞2003年6月17日付より)。

▼「階段を登る」は、平坦な道より約3倍カロリーを消費!

急いでる時や階段を登れない事情がある時以外は、
階段をセレクト!

平坦な道と比較すると2~3倍もの負荷がかかるので、エネルギー消費量が多くなります。

上りは1段で0,1kcal、下りはその半分の0,05kcal。10段登ると1kcalと覚えてもいいかもしれません。1分歩くのと30段昇るのが、ほぼ同じという覚え方も。

▼「重い荷物」は痩せる!両手で持って、更にカロリー消費!

重い荷物はなるべく持ちたくない…
でもカロリー消費してると思うと嬉しい。

片方だけで持つと体のバランスが崩れるので、両手で持つようにしましょう。

両手で持つと、疲れにくくなるメリットがあります。力が、左右均一に分散されるため、疲れにくくなるのです。
体の軸もまっすぐになるため、バランス感覚がよくなり、歩きやすくなります。
しかも体全身の筋肉がバランスよく使われるため、消費カロリーも高くなり、ダイエットにも効果的です。

▼億劫な「掃除」や「家事」も実はいい運動!

やらなきゃいけないんだけど、やりたくない…!

でもやった後は気持ちいいんですよね~。

掃除機がけを15分~20分ほどすると、50~60kcalを消費します。これはウォーキングを10分~15分したのに相当します。

1





rii8saさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう