1. まとめトップ
  2. カラダ

秋はアレルギー症状が出やすい季節

厳しい残暑の後には、気持ちのいい秋がやってくると過ごしやすいかと思いきや、秋はアレルギーが増える季節でもある。

風邪でもないのに鼻水やくしゃみが出たり、せきが出て息苦しくなったりする人は、花粉やハウスダストなどに反応している可能性がある。

寒暖の差が出てくるこれからの季節は、花粉症だけでなくぜんそくなどのアレルギーを引き起こしがちになる。

また皮膚がカサカサし出したり、痒みがひどくなったり、アトピー性皮膚炎の症状も出やすくなる。

秋に花粉症になる人が増えている!

花粉症と言うと、春のスギ花粉が有名だが、秋にもアレルギーの原因になる花粉が増え、最近では秋に花粉症になる人も増えている。

秋には主にイネ科の植物や、ヨモギ、ブタクサといったキク科の雑草類など、花粉症の原因となるものが多くある。

イネ科の花粉飛散は本州では8月末までだが、地球温暖化で9月までずれ込む可能性もある。10月上旬以降はブタクサやヨモギなどのキク科の花粉が飛ぶようになる。

風邪の初期症状に似ている

風邪は通常1週間程度でよくなってくるものだが、2週間以上も症状が変わりなく続いたら、それは風邪ではなくアレルギーかもしれない。

サラサラした鼻水が出たり、目がかゆかったり、晴れの日に症状がひどかったりしたら、風邪ではなくて花粉症かも。

秋はアレルギーの原因となるカビの繁殖も盛んになる

Photo by George Doyle / Stockbyte

夏にフル可動したエアコンをしばらく使用せずに掃除しないで置くと、スイッチを入れたとたんに大量に増えたカビの胞子を含んだホコリが飛び出すこともある。

カビは、アレルギー性のぜんそくや鼻炎、皮膚炎などを引き起こすアレルゲン。

梅雨にカビの抗体ができても、アレルギー症状はすぐには起きず、カビが原因の過敏性肺炎は秋から発症が増加する傾向がある。

秋は家中に『ダニの死骸』が溜まっているかも

ぜんそく発作の原因となるチリダニは6~8月に家庭内で増殖し、8~9月に死骸がたまる。

死骸が乾燥し、ほこりと一緒に空中に飛散する秋から初冬が発作のシーズン。秋はダニや死骸、糞などが家中にたまってきている可能性が高い。

それらが干からびて粉々に砕け、目に見えないチリとなって空中に浮遊すると、花粉と同じように、呼吸器などから人体に入り込んでしまう。

布団や床やカーペットなどの手入れは…

フローリングはホコリが舞わないように拭き掃除から。

いきなり掃除機がけをすると、排気でホコリが舞い上がってしまうので掃除機をかける前に拭き掃除を。

1 2





kazooneさん

読書と映画で感動を日々発見



  • 話題の動画をまとめよう