1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

政府も進める朝型勤務のメリットと導入事例

以前から話のあがっていた朝型勤務が再び話題になっています。そもそも朝型勤務とはどのような制度でどんなメリットがあるのでしょうか。

更新日: 2014年09月17日

jobrankさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 10701 view
お気に入り追加

朝型勤務のメリット

省エネばかりでなく業務効率化と残業時間の削減につながるとして朝型勤務を継続して通年化する会社があり、注目されています。

この朝型勤務への改善でのメリットは、やはり仕事の効率が上がるというものがあるだろう。取引先への連絡なども、朝一番ならば会社にいる場合が多い。午後などの時間帯ならば、外へ出てしまって捕まりにくいという場合もあるかもしれない。

早朝通勤に切り替えるメリットは、電車や地下鉄が比較的すいていることです。座席に座って新聞を読んだり、仮眠したりということが可能になると思われます。

朝型勤務の導入実績

深夜勤務(22:00-5:00)の「禁止」、20:00-22:00勤務の「原則禁止」。但し、やむを得ず20:00以降勤務が必要な場合は事前申請の上、認める。
早朝勤務時間(5:00-8:00)は、インセンティブとして、深夜勤務と同様の割増し賃金(時間管理対象者:150%/時間管理対象外:25%)を支給する。
※ 7:50以前始業の場合、5:00-8:00の割増率を8:00-9:00にも適用。
健康管理の観点から8:00前始業社員に対し、軽食を支給する。

伊藤忠の導入例

リコーは4月から、午後8時から翌日の午前8時までの残業を原則禁止する。メリハリをつけて仕事に取り組んでもらうことで生産性を向上させると同時に、残業代を減らす狙いがある。大手企業では、伊藤忠商事が昨秋から午後8時以降の残業を禁止しており、長時間勤務など従来の働き方を見直す動きが出ている。

リコー

政府も朝型勤務を推奨

政府は、長時間労働の見直しに向け朝型勤務を普及させようと「労働時間等設定改善法」の指針を改定する方針だ。残業時間削減の手法として有効な朝型勤務の趣旨や取り組み事例を盛り込むことを検討する。

厚生労働省は、「労働時間等の設定の改善に関する特別措置法」に基づく指針で「労働時間等見直しガイドライン(通称)」を改定。一定時刻以降の残業は禁止し、終わらなかった仕事を早朝にまわす朝型勤務を推奨することを検討している。

朝型勤務のデメリット

一方のデメリットは、出勤時間が早まることで通勤電車のラッシュに遭遇することではないだろうか。早朝の通勤電車に乗った方ならばわかる通り、6時台、7時台の列車はすでに満席状態である。

社長だって、朝に強い人ばかりではない。低血圧で午前中はまったく機能しない有名な社長が、かつて活躍したことがある。若手リーダーの中にも夜型の経営者は多い。

1





jobrankさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう