1. まとめトップ
  2. カラダ

食べなきゃ損!不老長寿の果物と言われる"いちじく"の効能

傷むのが早いいちじくですが、「不老長寿の果物」といわれるほど美容・ダイエット効果が期待できるそうです。やわらかく傷つきやすいので、傷みがないかよく調べてから買いましょう。

更新日: 2014年09月21日

comcommさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
202 お気に入り 393433 view
お気に入り追加

◆いちじくは不老長寿の果物と呼ばれてる

傷むのが早いいちじくですが、「不老長寿の果物」といわれるほど美容・ダイエット効果が期待できるそうです。

不老長寿の果物といわれるほど、実も葉も薬効と栄養価が高い果物です。

古くは不老長寿の果物と言われていて、現在でも美容や健康の為に食べられています

▼いちじくの効能4つ

1.アンチエイジング効果

抗酸化物質を豊富に含むいちじくは、細胞の老化を防いでくれることが期待できるのです。

アントシアニンなどの“抗酸化物質”が豊富に含まれています。抗酸化物質は体内に発生した“活性酸素”を消去する働きがあります。

2.女性の更年期障害対策

いちじくは、女性ホルモンのエストロゲンに似た成分を含み、更年期障害対策など、婦人科系の悩みに効果が期待されています

アンチエイジング効果どころか、更年期障害予防、と、女性にとってかなり大切な効果がある

エストロゲンに似た成分も含んでおります。この成分が更年期障害に効果があると言われています。

3.ガン予防

イチジクの果汁から抽出した抗ガン物質「ベストアルデヒド」はガンに効果的だと言われています。

イチジクはガン細胞を麻痺させることが分ってきました。特に前立腺ガンに良く効きます。

肝障害を軽減する効果が報告されている。イチジクを常食している地方はがんの発生が少ないという報告がある。

4.便秘解消

便秘には繊維質のものを多く摂るのがいいといわれますが、いちじくには、ペクチンという食物繊維が多量に含まれています。

便秘には繊維質のものを多く摂るのがいいといわれますが、いちじくには、ペクチンという食物繊維が多量に含まれています。

水溶性食物繊維が豊富な果物です。その量はリンゴやいちごのおよそ1.5倍。食物繊維は腸内をきれいに掃除し腸の働きを促す効果があります。

◆いちじくを食べる時の注意点

未熟な実を食べると効果がないだけでなく、胃があれることになりますから注意しましょう。

やわらかく傷つきやすいので、傷みがないかよく調べてから買いましょう。

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう