1. まとめトップ
  2. カラダ

ダイエット中でもOK!秋の味覚は美容にもダイエットにもよかった

「食欲の秋だから食べ過ぎないように」と思っていませんか?秋の味覚といえば、秋刀魚、さつまいも、くり、きのこ、柿、かぼちゃ…。実はそれらはみんな美肌食材で、栄養豊富。美容やダイエットに最適な食べ物だったのです。

更新日: 2014年09月27日

riku100wさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
108 お気に入り 39739 view
お気に入り追加

「食欲の秋だから食べ過ぎないように」と思っていませんか?
秋の味覚といえば、秋刀魚、さつまいも、くり、きのこ、柿、かぼちゃ…。
実は、それらはみんな美肌食材で、美容やダイエットに最適な食べ物だったのです。

◆ 『さつまいも』がすごすぎる!

サツマイモの美容効果といえば、便秘解消ぐらい?

それだけじゃないんです!

ダイエット、代謝アップ、デトックス、便秘解消、美肌効果など、さつまいもには女性の悩みを解消してくれる成分が詰まっているのです!

・便秘解消ははずせない

便秘解消に効果的な食物繊維とヤラピンが含まれています。便秘解消に効果があるのは、この2つの相乗効果

しかも、ヤラピンはさつまいもだけにしか含まれない栄養素です!

食物繊維とヤラピンは加熱によって効果が落ちることはないので、どの調理方法で食べても効果が得られます

ただし、ヤラピンは皮の近くに含まれているので、皮ごと食べましょう。

・ダイエットに必須の『ビタミンB2』が詰まってる!

成長を促進して健康な皮膚や粘膜を作る作用があります。エネルギー代謝のビタミンとも呼ばれ、その中でも脂質を燃焼させる働きがあるため、太りやすい体質や、ダイエットを試みる方にオススメの栄養素!

ほかにも、女性にうれしい栄養がぎっしりつまっています。

・一本で1日分のビタミンEを確保

抗酸化作用が高く細胞の若さを保ってくれるビタミンEも豊富

ビタミンEは、「若返りのビタミン」と呼ばれています。

・ビタミンCがリンゴの7倍

ビタミンCは通常は熱に弱い栄養素ですが、でんぷん質にコーティングされているさつまいものビタミンCは熱に強く壊れにくいのが特徴です。

(ビタミンCは)老化につながる活性酸素を除去し、酸化したビタミンEを再生するという働きもあることがわかっています。ビタミンCとEの相乗効果でよりお肌にうるおいをあたえてくれるはずです

・さつまいもの食べ方

シンプルに丸ごと蒸したり焼いたりする方法がいいですね。

できればそのとき電子レンジではなく、蒸し器やオーブンを使ってじっくり調理してください。でんぷんの性質上、60度前後の温度を維持することによって、より甘さが引き立つんですよ

採れたてのさつまいもは栄養価が高くまた2~3カ月貯蔵すると甘みが増して味がのってきます。よりいっそうの美肌効果を期待する方には秋~冬にかけてがオススメですよ!

◆ 『栗』が美肌にいいみたい

栗の主成分はでんぷん質だが、ビタミンA・B群・C、カルシウム、カリウム、鉄分などビタミン・ミネラル成分をバランスよく含んでいる。

栗は、クルミやアーモンドと同じ、ナッツ類。漢方の世界では「胃腸を丈夫にして、足腰を強くする」とも言われています。

・美肌に抜群のビタミンCがリンゴの8倍

しかも、実の部分に含まれているでんぷん質が、ビタミンCを保護する役目を果たすため、加熱をしても壊れにくいのが特長です。

さつまいもと似ていますね!

・ゴボウより食物繊維が多い

豊富な食物繊維でおなじみのゴボウやサツマイモより、多く食物繊維を含みます。整腸作用があるので、美肌を期待できます。

1 2 3





身近の気になることをまとめています。

ライフハック、自己啓発、ビジネス、ダイエット、アウトドア、英語など。

Twitter
https://twitter.com/riku100w




  • 話題の動画をまとめよう