1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

恋人は報道官に!イルカは軍隊に!プーチンが止まらないwww

愛する恋人は報道のトップにし、ウクライナのイルカは返さず自分のモノに!誰にも止められないプーチン大統領の最近と意外な素顔のまとめ

更新日: 2014年09月20日

Toronto917さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 55969 view
お気に入り追加

噂の恋人は・・世界的な有名人

2003年の世界選手権では2度目の個人総合優勝を果たし、計4つの金メダルを獲得。2004年のアテネオリンピックでは個人総合で念願の金メダルを獲得。

アリーナ・マラトヴナ・カバエワは1983年5月12日にタシケント(ウズベク・ソビエト社会主義共和国、現在のウズベキスタンの首都)で、スポーツ選手の家庭に生まれた。

高い技術と柔軟性を活かしたカバエワの演技に対しては賛否両論あったが、カバエワが「新体操を変えた」ということは、広く言われている

ロシアのプーチン大統領の家庭問題。色々あったようですが、遂にリュドミラ夫人と正式に離婚が成立したようです。

気になるのは、離婚原因とされる元金メダリスト・アリーナ・カバエワさんとの愛人関係

2009年に入ると、アリーナ・カバエワは突如として妊娠・出産をするのだが、彼女は父親が誰なのかは一切、外部に明かさなかった。

するとアメリカのニューヨーク・ポスト紙に、「彼女の出産した子供の父親はプーチンだ」という密告の情報提供があった

2008年、ロシア連邦下院選挙で統一ロシアより出馬し当選。

ロシア議員、元体操選手のアリーナ・カバエワ氏は国家報道グループの会長に就任するため、15日に議員辞退を申請した。

元ソ連政府機関紙イズベスチヤや政府系テレビ・第1チャンネルなどを傘下に収める親プーチン政権のナショナル・メディア・グループ総帥に就任するという。

プーチン大統領にとって、メディアは国の代弁者としてたいへん重要で、トップに腹心を指定するのは必要である。

”軍用イルカ”を手に入れたプーチン

軍用イルカ(ぐんようイルカ、Military dolphin)は、軍事目的で利用されるイルカである。アメリカ軍が利用中であり、ロシア軍には利用計画が存在した。

ロシア政府は今年3月、クリミア併合の際、高度に訓練された「スパイイルカ」をウクライナから押収したことを公式に認めた。このイルカ部隊はプーチン大統領直属の部隊にするそうだ。

今回ロシア政府に押収されたイルカ部隊は、23年前にソビエト連邦が崩壊した際、ウクライナによって継承されたクリミア州立海洋水族館内で訓練されたもので、13頭のエリート部隊

主な任務としては、ダイバーの救助、及び、機雷の探知等である。1990年代の湾岸戦争、2003年のイラク戦争においては実戦で使用された。

プーチンがウクライナから押収した軍用イルカって、インストラクタというか調教師というか、そのチーム丸々を取り込まないと運用できないと思うんだが、そのへんどーなんだろw イルカがプーチン直属部隊になったみたいだけどもw

イルカって可愛いし、頭いいよね。だから軍用に使われてしまう。 本当に悲しい。

軍用のイルカか…使えそうだけど、動物は出来るだけ巻き込みたくないな。馬も本当は…

1 2





Toronto917さん

読んで「誰かに話したくなった♪」という記事を目指しています。サッカーとディズニーが趣味ですが、幅広い話題を取り上げていきます

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう