1. まとめトップ

意外に知らない!?社会主義と共産主義の違い

社会主義と共産主義の違い、説明できますか?どういったところで異なり、お互いどのような定義なのか、意外に知らないこの2つについて、確認してみました!

更新日: 2015年06月30日

121 お気に入り 387884 view
お気に入り追加

社会主義とは

資本主義の生み出す経済的・社会的諸矛盾を,私有財産制の廃止,生産手段および財産の共有・共同管理,計画的な生産と平等な分配によって解消し,平等で調和のとれた社会を実現しようとする思想および運動。

共産主義とは

政治や経済分野での思想や理論、運動、体制のひとつ、財産の一部または全部を共同所有することで平等な社会をめざすもの。

これだけみると「一緒じゃない?」と思ってしまうが・・・

社会主義=共産主義ではなく、これは明確に違うのもの

「社会主義」は、よく「社会民主主義」と「ソ連型社会主義」というように分類されます。

「社会民主主義」は、市場経済を国家によって統制しようという思想が柱となっており、「大きな政府」を目指す考え方とも言えます。
北欧諸国などは「社会民主主義」の代表です。
「ソ連型社会主義」は、「共産主義」を目指しており、その過程ということができます

共産主義は、社会主義の理想のかたち

社会主義の場合、利益は、働いた人に均等に配分するが、それをどうやって使うかは、個人に任されます。
基本的に、共産主義に比べ豊かな社会の元で成り立つ理論です。
儲けた人から税金を沢山取り、貧しい人達に分け与えるという考え方も、社会主義の考え方です。

共産主義ですが、「利益を均等に配分するのはもちろん、消費状態にも差をつけるべきではない」との考え方です。
家とか車などの入手も均等でなければならないとする考え方です。
どちらかと言うと、貧しい社会を想定した平等主義が元になっています。

共産主義は、完全なる平等主義

生産手段や販売方法、利益を平等に分配するなど、すべての人が平等な社会をめざすという点では社会主義と共産主義は変わりありません。
その差異がどこにあるかというと、
共産主義では社会主義がさらに進化して、それまでの社会主義体制で存在していた資本家/労働者という階級がなくなり、あらゆる面において平等化が進むという点です。共産主義のもとでは貧富・階級の差をなくせると考えることができるのです。このことを、経済学者のカール・マルクスは「共産主義は人間が最後に行きつく理想」と言いました。

共産主義とはつまるところ、「無政府状態」

ざっくばらんに答えると、すべてを平等に共有しているため、争いは起こらず、したがって政府も必要でない状態。

1





モスモスさんさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう