1. まとめトップ
  2. カラダ

抜け毛の季節がやってきた!これ以上はヤバい…抜け毛を防ぐ方法

頭髪の薄い人には厳しい「抜け毛」の季節がやってきました。なので、普段以上に抜け毛対策をしっかりと行いたいものです。薄い人必見!の「抜け毛を防ぐ方法」をまとめます。

更新日: 2014年09月25日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
162 お気に入り 43212 view
お気に入り追加

▼ 秋は 「 抜け毛 」 の季節です… ※自然脱毛が増える季節です

春と秋には抜け毛は多いです。原因は、春と秋は自然脱毛が多発・

秋は他の季節と比べて「抜け毛」が多くなる人が大勢いるようです

そしてもうひとつが、「夏バテやダイエット」による栄養不足、疲れ、ストレス、紫外線ダメージといった 「生活習慣」によるものです

野生の動物などを見ると、自然脱毛の増加は自然の摂理かもしれない

秋には細胞はこれと逆の働きをしています。皆さんは野生の動物を見ればとよく分かるでしょう。野ウサギやキタキツネの毛色を考えて

▼ まずは、基本になる 「 食生活 」 を整えたい… ※バランス大事

亜鉛を含む食べ物は、納豆、ひじき、わかめ、アーモンド、ウナギ

摂取したタンパク質を髪の栄養にするには亜鉛が必要で、その吸収を助けるビタミンCも一緒に取れるとさらにいいでしょうとのことで

卵にはこの二つの含硫アミノ酸が豊富に含まれています。また、中でも髪の毛に関係の深いビタミンB群や鉄分が豊富に含まれているので、卵をとっていれば含硫アミノ酸の他、ビタミンB群による効果も

タンパク質 + ( 亜鉛 + ビタミンC ) ⇒ 髪の栄養に…

システインが足りなくなってくると髪の毛が細くなったり、脱毛が起こったりします。含硫アミノ酸を多く含んだ「魚や肉、牛乳、卵等の動物性タンパク質」や、植物性であれば「豆類」をとってください

▼ 「 豆類 」 をおかずの一品に加えたい… ※豆腐、大豆、納豆等

納豆は大豆と亜鉛を両方取れる、かなり髪にいい食べ物のようです

納豆に含まれる「ビタミンB2」なんかは大豆の約2~3倍も含まれているんです。ビタミンB2は髪を育てるのに必要不可欠な栄養素

豆製品(豆腐や大豆)のイソフラボンは髪の根本の肥料になります…

豆製品(豆腐や大豆)のイソフラボンは髪の根本の肥料になるのでオススメです。いいタンパク質を摂取する事でいい髪が生えてきます

▼ 髪の栄養状態を保つためには、地肌の血行をよくすることも大事…

EPAをたくさん含んだ青魚などを頻繁に食べるのも良いでしょう

血管をしなやかにするEPA(魚油)が動脈硬化予防によいと話題

▼ 一方で、とりすぎに注意すべき食べ物がある ※体を冷やすもの…

食べすぎると、「抜け毛」につながる食べ物があるというのです!

身体(からだ)を冷やす食べ物で、秋が旬(しゅん)のものといえば、「 茄子、ほうれん草、冬瓜、ソバ、梨、柿 」などがあります

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう