1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

こいつは仕事ができると思わせる「シャツ選び」身だしなみのコツ

シャツを適当に選んでいるという人も多いと思いますが、シャツはスーツとの調和に欠かせないアイテムです。間違った身だしなみに注意する必要がある。身だしなみは不快感を持たれないような、清潔感のあるものというのが一般的です。シャツを選ぶ際に大切なことはサイズ、色・柄、素材・ディテールに配慮することです。

更新日: 2014年09月20日

sun3355さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
999 お気に入り 249091 view
お気に入り追加

自分に合っていない

シャツを選ぶ際に大切なことはサイズ、色・柄、素材・ディテールに配慮することです。

オシャレなスーツを着ているのに「シャツは適当に選んで買っている」というビジネスパーソンも多いのでは。

シャツはスーツとの調和に欠かせないアイテムなので、気を抜いてはいけない。

シャツとスーツのバランスが悪い、なんかもちょくちょく見かけますね。

スーツに柄シャツでネクタイ合わすとか高度すぎて頭痛いレベルだし実はみんな適当にシャツ買ってみたら合っちゃったみたいな感じなんじゃないかって気がしてきた

デザイン、ブランドや価格のことを忘れる

シャツの生地や素材の違いによって、着心地や耐久性はもちろん、見た目の雰囲気にもおおきく差が出ます。

シャツ選びを考える上で一番気になるのは素材ですよね。シャツには大まかに分けて2種類あります一つは綿100%のシャツ、もう一つは化学繊維のシャツです。

ウールなどの天然繊維ではなく、ポリエステルなどの化学繊維は、水分を通さない性質があります。

化学繊維のポリエステルなどと違い、綿は植物繊維なので水分を吸う性質があります。汗をかくとその水分で綿素材が膨らみ、保温されるうえにフィット感が高まって着心地がよくなるのです。

色選びで顔色がよくなる!

シャツとひとことで言っても、色々な形がありますし、色や柄によって相手に与える印象が大きく変わります。顔色などにあったシャツの色をきることでよりオシャレに見えます。

スーツに合わせるシャツやネクタイなどのVゾーンの色使いによっても、印象はガラッと変わってきます。

男性は女性のようにメイクをしない分、色の影響を受けやすくなっていますので、ほんの少し取り入れるだけでご自分のイメージが劇的に変化するのを実感できます。

あなたに似合う「色」というのは、顔色が健康的にイキイキと見え、女性であればより肌色が明るく、男性であればより清潔感が出る色のことです。

自分に似合うシャツを探すことは、オシャレを極めるトレーニングになります。

例えばビジネススーツではベーシックカラーのグレー、このようにさまざまなトーンのグレーがあります。

ご自分に似合うグレーを選べば、あなたの個性や魅力が引き立ち、印象が強く、ぐっと存在感が増します。

爽やかなイメージ、知的なイメージを演出したいときは、寒色系がおすすめです。

濃いブルーグリーン、青はネイビーブルーやロイヤルブルーのような鮮やかでインパクトの強い青、紫は高貴な印象のロイヤルパープル、つややかで華やかな魅力をひきだしてくれます。

ピンク系は顔色を明るく雰囲気を柔らかく魅せるため、周りの方と距離を縮めたい時やチームで仕事をする時などに着用するのがおすすめです。

ピンクは明るい雰囲気が出ますが、ビジネスシーンによってはNGかもしれませんので、注意が必要です。

サイズ選びも大切

8割の方が、理想のサイズよりも大きいシャツを着ています。大きすぎるシャツは、だらしなく見えたり、太って見えたりしてしまいます。

大切な商談を行う席で、自分の体型に合っていないブカブカのシャツを着ているようではダメ。

大きいシャツを着ていることで、スーツ本来のシルエットを損なうことにもなるので、注意する必要があるだろう。

シャツはスーツとネクタイとの調和が重要

1 2





sun3355さん



  • 話題の動画をまとめよう