1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

悩みすぎはNG…?落ち込みやすい人にありがちな6つの思考

失敗したり、悩むことが多くなると、人は落ち込みやすくなる傾向にあります。しかし、楽観的は人は、切り替えが早く、気にしたり、悩んだりすることが少ないです。落ち込みやすい人は、どのような思考になりがちなのでしょうか?

更新日: 2014年09月21日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
921 お気に入り 166035 view
お気に入り追加

●あれこれ考え、落ち込みやすいときがある?

最近ホント気分の落ち込みが激しい。。季節の変わり目のせいか??

最近はちょっとした事でもすぐ落ち込む(´・ω・`)

落ち込みやすいのをなんとかしたい なんでこう引きずっちゃうかなぁ

失敗をしてしまったときなど、「前向きになろう」「落ち込んでいたらいけない」って思っても、どうしても落ち込んでしまう事ってあります

人によって表れ方はそれぞれですが、なかでも「落ち込みやすくなる」という症状。

落ち込みやすいひとは、悲観的・自責的になりやすく、自分のマイナス面ばかり捉えてます。

落ち込む時間が続くと、「この先明るい未来なんてあるのだろうか・・・・・・」とため息が増えてしまうかもしれません。

・精神的につらい→ストレス→落ち込みに発展する?

ストレスに感じた事象を「自分がどう捉えるか?」次第で、そのことを耐えたり、受け流したりすることが可能になります。

ある事象に対して、「これは精神的につらい」と感じたことがストレスになり、それに反応して落ち込みがやってきます。

●落ち込みやすい人にありがちな6つの思考

1.他人と比較をして落ち込む

「友だちと比べて、私は何のとりえもない」「周りはみんな活躍しているのに、私だけがパッとしない」というように、何かにつけ周囲の人と比較していないでしょうか

人間の能力は人によって差があります。ですから、同じ年齢の人が、同じ環境で同じ分量だけ努力をしたとしても、その成果には当然のごとく差が出てきます。

2.すぐに自分を責めてしまう

すぐ自分を責めてしまうという人は、自覚があるかどうかは別にして、ほぼ確実に完璧主義な面があります。

女性は男性と比べて、失敗を「自分の能力不足」と考えやすく、「成功」によっても自信を得にくい傾向がある、とされています。

3.周りの評価を気にして、YES・NOがはっきりいえない

周りの顔色や、評価を気にしてしまい、必要以上に自分の感情をコントロールして、自己表現がうまく出来ない人。

このタイプは、「控えめで、聞き上手な“良い人”」と褒められても、ホントはYes/Noをはっきり言えないことで悩んでいることのほうが多い様です。出来ないことも出来ると言ってしまい、不必要なストレスを抱え込んでしまうタイプです。

4.誰にも相談せずに1人で悩む

落ち込んでいるからといつまでも部屋にこもってうつむいていては晴れる気分も晴れません。

失敗したり落ち込んだりしている自分を責め続けていると、やがては人とのつながりを失い孤立します。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう