1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

見逃した番組も見放題?来年からテレビがガラッと変わるかも

民放連の井上弘会長は、来年度から見逃した番組をネットで無料で視聴できるサービスを、民放キー局共同で開始する予定だと、会見で発表しました。まだ具体的なサービス内容は未定ですが、内容次第ではもうテレビもレコーダーも要らない時代が来るかも知れません。

更新日: 2014年09月21日

00mashimashiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
142 お気に入り 110953 view
お気に入り追加

▼もしかしたら来年からテレビが要らない時代になるかも?

在京の民放キー局5社と民放連は、見逃した番組をインターネットでみることができるサービスを共同で始めるため、検討に入ることになりました

実現すれば番組視聴のあり方が大きく変わるとみられるが、地方テレビ局の経営に与える影響など課題も多い

▼近年、一部のキー局が放送後の番組を無料で配信しているが…

インターネットの発達は、テレビ業界の取り巻く環境を劇的に変化させている

現在は、NHKや民放テレビ局が、それぞれのサイトで過去の番組を有料で配信

一部の民放キー局が放送終了後の番組の無料配信サービスをキャンペーンという形で提供している

日本テレビのみ、一部の番組を対象とした「無料の見逃し視聴」を実施していた。

⊿今後は民放5局がそろって見逃し番組を無料で配信するという

オンタイムでの放送後、番組を見逃してしまった人のために無料でインターネット配信を行う「見逃し視聴」の導入を検討することを明らかにした

今春、NHKの籾井勝人(かつと)会長がネット配信に積極的な姿勢を示しており、危機感を強めた5局が足並みをそろえた格好だ

NHKでは放送と同時にネットでも視聴できる「同時再送信」を課金制で実現することに、籾井勝人会長が意欲を見せている。

ネットで見れるようになちゃうか~ もうテレビいらなくなっちゃうわ・・・

⊿来年からはスマホでいつでも過去の放送が無料で視聴できる?

構想が実現すれば、スマートフォンなどで「いつでもどこでも」テレビ番組を見られるようになる可能性がある

会長は既に在京5局と話し合いを持ち、見逃し視聴を導入することで大筋合意していることを明かし、来年度中に試験配信を行いたいと話した

民放連 井上会長
「費用や著作権の問題や、営業セールスへの影響などについての議論を5社はこれから進めることになる」

▼新しい「無料ネット配信」には広告主も関心を示している

先行する日本テレビでは既に見逃し視聴用の新たな広告枠を提供しており「出せば即埋まる」ほど、広告主からの関心は高いようだ

⊿当然「CMを飛ばせない」仕様になるという

CMをカットできない形式で配信する方針。5局が共同運営することで費用分担する

共同サイトではCMを飛ばして見られない技術を導入し、広告収入を得て無料で配信したい考えだ

▼新サービスは「違法ネット配信」や「CM飛ばし」対策としても有効?

テレビ業界では近年、番組の違法なネット配信への対応が迫られている。さらにコマーシャル(CM)を飛ばして視聴できる再生機器も普及し、無料放送のビジネスモデルの脅威となっている

テレビ局の新しい形を模索するとともに、現在イタチごっこ状態の違法アップロード動画の対策にもなると話している

最近は、非合法ではあるものの、動画サイトに丸々テレビ番組がアップロードされていることも多い。

1 2





ワンワン!



  • 話題の動画をまとめよう