1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

フジキセキ最後の産駒から大物登場!イスラボニータ、天皇賞3着、次走は?

蛯名正義騎手を背に皐月賞1着、ダービー2着、そしてセントライト記念を1.1/4馬身差をつけ優勝しました。幻の三冠馬と言われた父フジキセキは怪我により3歳で引退。その後種馬として多くの競走馬をターフへ送り出し、そして種馬引退となる最後の年にイスラボニータが出てきました。

更新日: 2015年11月01日

日本再生さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 18335 view
お気に入り追加

生年月日 2011年5月21日
調教師 栗田博憲 (美浦)
馬主 社台レースホース
生産者 社台コーポレーション白老ファーム
中央獲得賞金 32,188.1万円
通算成績 8戦6勝 [6-2-0-0]
主な勝鞍 14'皐月賞(G1)

これまで2着以下なしという安定した成績。

イスラボニータ 天皇賞・秋3着

出典p.twpl.jp

東京競馬場は枠の不利はあまりないと言われていますが、それでもやっぱり後ろからの競馬になってしまいましたね。元々中団より前の好位から差す競馬が会っている馬ですが、それでも終いは33.6で追い込んだ競馬は上出来ではないでしょうか。2年連続の外枠はちょっと残念でしたけどね。

8枠16番と不利な条件の中、残り100メートルを切って2番手まで浮上したが、最後はステファノスにかわされ3着。

イスラボニータ中山記念からスタート

今春予定するローテを、栗田博師が2日に発表。中山記念(3月1日・中山、芝1800m)で始動し、その後は大阪杯(4月5日・阪神、芝2000m)から安田記念(6月7日・東京、芝1600m)へ向かう。

栗田博師は「ゆったりと歩けるようになったし、重量感もあってどっしりしてきた」と古馬になっての心身両面の成長ぶりに目を細める。

イスラボニータ ジャパンカップ9着

皐月賞馬イスラボニータは9着。中団から直線勝負にかけたがはじけきれず、古馬一線級と力の差を見せつけられた。

栗田博調教師は「同世代同士なら、直線ではじけていたんだろうけど、強い古馬が相手。距離もあったかもしれません」とサバサバと振り返った。

蛯名正義騎手
「レースは上手く運べたと思ったんですけどね。追い出しもギリギリまで我慢して、負けることないくらいの手応えで来たけど、追い出してからが…。まだ3歳だし、よく頑張ってくれてます」

追い出してからが反応が悪かった模様。

イスラボニータ ジャパンカップへ

コンビ復活となる鞍上・蛯名に対しても「馬の性格を分かっているジョッキーだから、うまく乗ってくれる」と信頼は厚い。

2014年11月02日 イスラボニータ 天皇賞・秋は3着

直線で遊んでしまったらしい。

3着 イスラボニータ(ルメール騎手)
「スローと感じて位置を上げました。気をつけてはいましたが、1頭になると遊んでしまって、差されてしまいました。それでもまだ3歳馬、よく頑張っています」

イスラボニータ 天皇賞へ

イスラボニータは苦労して前に進むのではなく、本当に素軽い走りをします。このようなアクションをする馬には乗った記憶はありません

ルメール「イスラボニータはディープインパクトに似ている」

ディープインパクトに似てるようにも思います。まるで空気の中を動いているような動きで、地面に着いている感じがしません。追い切りでも、最後の200mで少し行くように促して、前の馬を捕まえに行く時の反応が素晴らしかったです。背中もすごく良いですね。

【天皇賞・秋】イスラボニータ順調、馬なりで13秒3

コスモトゥルーラヴ(5歳1000万)を5馬身、シャイニープリンス(4歳オープン)を3馬身追走する形でスタート。馬なりのまま徐々に差を詰めると、直線では最内に潜り込み、いっぱいに追われた相手に半馬身ほど遅れはしたが、最後まで馬なりのまま6ハロン83秒6―52秒6―13秒3をマーク。

今週の神戸新聞杯の内容次第では、天皇賞・秋(11月2日、東京)に向かう可能性が出てきた。

おそらく、適正距離を考えてのものだと思います。

先週、快勝したセントライト記念後にオーナーサイドから菊花賞(10月26日、京都)に向かう発言があったが、次走の最終決定は持ち越しとなった。

2014年9月21日 セントライト記念

イスラボニータ貫禄のV 断然人気に応え秋の始動戦を制す/セントライト記念

蛯名正義騎手騎乗の1番人気イスラボニータ(牡3、美浦・栗田博憲厩舎)が、直線に入って、道中3番手から一旦先頭に立った2番人気トゥザワールド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)を捕らえ、これに1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分11秒7(良)。

第68回朝日杯セントライト記念(21日・新潟11R2200メートル芝18頭、G2)皐月賞馬で1番人気のイスラボニータ(蛯名正義騎乗)が2分11秒7で優勝し、重賞4勝目を挙げた。

1 2 3





日本再生さん



  • 話題の動画をまとめよう