1. まとめトップ
  2. カラダ

また"つった"...足をつりやすいのは病気のサインかも

「足がつる」という症状は、足の筋肉が強い痛みを伴って、収縮や痙攣している状態のことを言います。突然足の筋肉が強い痛みとともに収縮・痙攣するもので、別名「こむら返り」とも呼ばれています。

更新日: 2014年09月22日

comcommさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
217 お気に入り 214833 view
お気に入り追加

◆足をつるという経験は誰でもあると思います

寝不足の状態で寝ると起きたとき高確率で足つる

◆足をつるという現象は筋肉痙攣の一種

足がつるというのは、筋肉痙攣(けいれん)の一種で、筋肉やその周囲の筋、腱が許容範囲以上に伸びてしまうことで起こる現象です。

突然足の筋肉が強い痛みとともに収縮・痙攣するもので、別名「こむら返り」とも呼ばれています

「足がつる」という症状は、足の筋肉が強い痛みを伴って、収縮や痙攣している状態のことを言います。

◆足をつってしまう原因

若い世代の場合はサッカーやテニスなど足を激しく使う運動中に起こりやすく、筋肉疲労が原因の1つと考えられています。

水分が不足して筋肉が十分な代謝を行えなくなると、神経が異常な興奮状態になり筋肉が痙攣を起こす可能性が高くなります。

◆足を頻繁につってしまう場合は病気の可能性も

病気によっては足がつるという症状を多発させることがあるということもわかっています。

こむら返りが命に関わる病気をいち早く知らせてくれるサインである場合もあることが最近の研究でわかってきました。

「私、よく足がつるのー」「私は首がつったりするわよー」「「お互い齢(とし)ねー、あははは」もしかしたら病気かもしれません。

◆足を頻繁つる場合に考えられる病気

内臓系の疾患が考えられます。肝硬変などの肝臓病や、腎不全などを起こしている場合

糖尿病や脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症、椎間板ヘルニア、腎疾患、脳梗塞などが知られています。

「足がつる」のは脳梗塞や心筋梗塞の前触れであるとも言われていますので、頻繁に足がつる場合には、医師の診察を受けるようにしよう

◆足がつった時の対処法

痙攣を起こしてからしばらくの間は、その筋肉に負荷がかかる運動は避けるようにした方が安全です。

どのような方法でも、「ゆっくり伸ばす」ということが大切です。無理に伸ばしたりすると、肉離れを起こしてしまうこともあります。

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう