1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

室内バドミントンで“疑惑の風”?日本、韓国に敗れメダル逃す【アジア大会】

韓国で行われているアジア大会。バドミントン団体男子の準々決勝が行われ、日本は地元韓国と対戦。惜しくも2-3で破れてしまいました。一方で今回の試合、室内バドミントンにもかかわらず不可解な”風”に悩まされた男子。協会側はJOCに経緯を報告、問題提起する構えです。

更新日: 2014年09月22日

00mashimashiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
56 お気に入り 270419 view
お気に入り追加

▼バドミントン”世界一”の日本にアウェーの洗礼?

男子準々決勝では5月の国・地域別対抗戦トマス杯で世界一に輝いた日本は韓国に2―3で屈し、1970年大会3位以来のメダルを逃した

▼今年のトマス杯で世界一に輝いていた日本男子

5月の国別対抗戦トマス杯で初の世界一に輝いたバドミントン(20日より競技開始)の男子

中でもエースの田児賢一(NTT東日本)は、トマス杯後のインドネシアオープンでも2位になっている

⊿そのエース・田児賢一が日韓戦第一試合に登場したが…

⊿しかし第2、3ゲームを相次いで落とし、エースが負けてしまった

田児賢一の話
「日本のトップシングルスとして力及ばず、申し訳ない。最終ゲーム終盤は自分から仕掛けたが、そこでミスが出てしまった。それが実力なのか不運なのか整理したい」

▼「実力なのか不運なのか」…室内会場で吹き荒れた”疑惑の風”

エースの田児賢一(25=NTT東日本)が出場した第1試合のシングルスでは、韓国を後押しする不可解な風が会場に吹き荒れた

⊿勝利した第1ゲームは無風だったが…

第一ゲームは無風だったのですが、第二ゲームは田児選手にとって向かい風、そしてコードチェンジした第三ゲームもなぜか向かい風

コートチェンジした第3ゲームは風向きが変わるはずだが、空調が意図的に操作されたのか、なぜか再び向かい風

⊿通常ならコートチェンジで有利不利が変わるはずだが…インドネシアもとばっちりを受けていた

隣のコートでプレーし、風の影響を受けて大逆転負けを喫したインドネシア選手からも、「おまえらがコートを移動したら風向きが変わった」と言われたという

⊿突如吹いた”アウェーの風”に、当然日本のコーチは抗議するも…

Photo by David De Lossy / Photodisc

日本側は第2ゲームの段階で、急に吹いてきた追い風に抗議をしたが、受け入れられず

1 2





ワンワン!



  • 話題の動画をまとめよう