1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

世界もビックリ!ミランダ・カーが日本の芸者や初音ミクになってる!?

たびたび日本での仕事を引き受けるミランダ・カー。これまでにもCMにでたりとプロモーション活動をしてきました。そして今回、なんとミランダが日本を題材にした写真を撮影したというのです・・・・!

更新日: 2014年09月22日

158 お気に入り 244540 view
お気に入り追加

ミランダ・カーの日本雑誌向け写真が話題

日本でとりわけ人気の高いミランダ・カーがある雑誌の表紙を飾り話題になっています。

このほど、オーストラリア出身のミランダ・カー(31)が、日本の雑誌用に撮影した写真3枚をインスタグラムにて公開。そのエキゾチックなファッションに、豪メディアからも驚きの声があがっている。

▼その話題の写真がこちら

なんとびっくり!世界のスーパーモデル、ミランダ・カーが日本っぽい衣装を着てポーズをとっています。

別バージョンはこちら。日本人から見ると和洋折衷のような、エキゾチック感がありますね。

3枚目はこちら。最初の2枚とはまた雰囲気の違ったショットになっていますね。

実はVOGUEの雑誌用に撮影されたもの

VOGUEと言えば世界的なファッション誌。日本でも人気のモデルたちが表紙を飾ってきました。

▼そのVOGUEJAPAN創刊15周年でミランダが芸者に

出典mery.jp

特別号としてミランダが日本をコンセプトとした写真を撮影したようです。

「VOGUE JAPAN」創刊15周年アニバーサリー企画第3弾として編集された今回の特別号

この写真が海外でも話題に!

この写真をミランダがインスタグラムに投稿したところ・・・

それに驚いたオーストラリアの人気ウェブサイト『News.com.au』は、早速「ミランダ・カーが『VOGUE JAPAN』誌最新号で“ゲイシャ”待遇を受けた」として改めて写真を紹介している。

これらを見た海外ファンからは「日本誌用の写真とはいえ、これは勘違いも甚だしいイメージなのではないか?」という声もあがっているが、「和装にインスパイアされた衣装として考えれば、まったく問題はない」という声もある。

▼フォトグラファーはマリオ・テスティーノ氏

世界的に活躍する写真家マリオ・テスティーノ氏がミランダをモデルとして日本文化を表現したのだとか

9月27日(土)発売の11月号では、世界的フォトグラファー、マリオ・テスティーノが撮影・編集を務め、ミランダ・カーが表紙を飾る

ダイアナ王妃のポートレートで一気に脚光を浴び現在もファッション界にて圧倒的ポジションを維持している。ケイト・モスとは超仲良しで彼女の結婚式の写真も担当した

これにはどうやら日本と海外の面白い認識の違いがあるようです。

「僕がとてもセクシーだと思う女性を、日本人がまったく違う目で見ている、しかもその女性にすっかり夢中になっている、という点が面白かった」からだとし

3つのキャラクターは、「古い日本と新しい日本を表現したかったんだ。芸者や侍がいて、漫画もある日本、そういう感覚で表現したミランダを日本の人たちに見てもらいたい」というアイデアからくるものだと語る。

芸術的な目線で見て、ミランダの美しい体や内側から湧き出る魅力を、海外では「セクシー」と感じる一方で、日本での彼女のイメージは「可愛い」かもしれません。

日本のCMなどでもさまざまなキャラクターを披露してきたミランダだが、ファッション界の大物フォトグラファーによって撮影された彼女はどこか違う、洗練された空気が漂う。

テーマは「芸者・侍・漫画」

それぞれ3枚のショットには意味があるようです。

今回の特集では、日本文化を代表する3つのテーマである「芸者、侍、漫画」をテーマに、キャラクターを演じ分ける。

1 2





気になることをまとめていきます!

メール
hatarakoh@yahoo.co.jp
ツイッター
https://twitter.com/hatarakita9nai

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう