1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

iOS版キター!その信者力はアップル以上?日本語変換「ATOK」の魅力

最強の日本語変換ソフトと言われるATOK(エイトック)がついにiPhoneやiPadで使えるようになりました。Appleより信者力が高い信者が多いと言われるATOKとはどんなものなのか?その機能と魅力をまとめました!

更新日: 2014年11月12日

霧生幻さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
270 お気に入り 91588 view
お気に入り追加

最高峰の日本語変換ソフト「ATOK」のiOS版がついにリリース!

「ATOK」と書いて「エイトック」と読みます!
今回リリースされたiOS版の他にAndroid版、Windows版、Mac版もあります。

ジャストシステムは9月22日、iOS 8向け日本語入力システム「ATOK for iOS」の配信をApp Storeでスタートした。

動作環境はiOS 8にアップデート済みのiPhone 4s/5/5sと、iPhone 6/6 Plus。そのほかiOS 8環境のiPad 2以降、第5世代のiPod touchが対応します。

ジャストシステムでは、アプリケーションに含まれる形でATOKを提供してきたが、アップルの最新OS「iOS 8」で、他社製日本語入力(IME)が動作可能となったことから、単体の入力アプリケーションとして製品化を行った。

メールやSMS、SNSなど、日常頻繁に使うキーボードがむちゃくちゃ賢くなる『ATOK for iOS』。動作も高速なので、iPhoneからの仕事メールも、間違いなく快適に打てるようになると言っていいでしょう。

【大変お待たせいたしました】ようやくATOK for iOS を公開することができました。appsto.re/jp/D2bs1.i 今日から機能アップを重ね、快適な入力をお届けして参ります。 #atokios

Appleよりも熱心な信者が多い!?「ATOK」とは?

(ATOKとは)ジャストシステムが販売している日本語入力システム。もともとはワープロソフト「一太郎」の付属ソフトウェアだったが、現在は単体でも販売されている。

日本語入力システムでも最も古い歴史を持つものの一つであり、完成度・変換精度共に評価が高い。

「ATOKがなくちゃ生きていけない!」というヘビーユーザーがいるほど

だめだ、やっぱりATOKなしでは生きられないからだになってしまった。、

そのあまりにも神がかり的な変換能力は人生に迷うキーボードパンチャーの指南的拠り所として「ATOK教」の熱狂的信者も多い。

Twitter見てるとATOKってApple以上に信者力高いユーザー多い気がする

はいはいはいはいATOK信者が通りますよー。ATOKっていうかジャストシステム信者ですが何か

だが、ATOK信者にとってはATOKが使える。これだけで購入の理由となり得る。

ATOK Syncがまだ対応してなかったり突然入力できなくなったりいろいろの設定がまだなかったり完成度はまだまだだなー だけど信者だからがんばって使うぜ(笑

ATOK for iOS、評判見てると色々機能が足りてなかったりバグがあったりと荒削りな印象。でも、僕はJustSystem信者なので使いにくくてもお布施するつもり。徐々に改良されていく過程を見守っていきたい。

ATOK for iOS、iPhone6Pだと変換の際に第一候補が見切れて難儀だから、マイナス10点。アプリリリースによる信者加点が1万点だから、トータルで9,990点だね。#100点満点

布教する信者程うざいものはないんですよ。その点ATOK信者は、ATOK以外のIMEをdisるだけで、とっても健全です。ATOK関連ソフトが全部欲しくなりますが、それもドール沼に比べればかわいいものです。沼に近付いた瞬間に引きずり落としてくるからね、彼らは。

ATOK信者はインライン変換できないのが良いとか言い始めちゃってるしAppleを凌駕する信者力ある

かゆいところに手が届く!標準キーボードには無い便利な機能が満載

iOSの標準キーボードにはなかった便利な機能を多数搭載。これまで日本語入力がやや不便とされてきたiPhoneだが、ATOKの登場でかなり改善されそう

ATOK for iOSではカーソルキーを利用することができます!
スペースキーの下にある「→」をタップするとカーソルが右に動き、「→」を左にフリックするとカーソルが左に動きます。

1 2 3





記録よりも記憶に残るまとめを目指して!

Twitter
https://twitter.com/kiryu_gen
mail
info_kiryu_gen[at]yahoo.co.jp



  • 話題の動画をまとめよう