1. まとめトップ
  2. カラダ

いつどこでも簡単に!自分でできる口臭チェック法

自分では気付きにくい口臭。どうやって自分で確認すればいいのか?口臭を確認する方法についてまとめました!

更新日: 2014年10月24日

ひびきすさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
999 お気に入り 1006649 view
お気に入り追加

自分でチェックするのは難しい

友人との会話や仕事場での会議などで、自分の口の臭いが気になって、積極的にコミュニケ-ションがとれなかった経験がある方は多いのではないでしょうか。

自分の口臭の原因を突き止め臭いがあるのか、あるとしたらどんな臭いかあらかじめ自分で確かめておくと対策も取れます。

自分の顔を自分の目で直接見ることができないように自分の口臭を直接自分の鼻で確認するにはどうしても限界がありますので間に1つクッションを挟んだ形で間接的に確認する方法が有効です。

舌が白くなっているか確認する

この舌苔は口臭と深い関係があり、口臭の原因となる臭いの元を作りだすのです。口の中にいる細菌が「VSC」という物質を生み出し口臭へとつながっています。

舌の上というのは、細菌が最もVSCを生み出しやすい環境となっていてそれが舌の白い汚れ「舌苔」となって現れています。

これは細菌のかたまりで、口臭の原因となります。鏡で見つけたら、舌ブラシでお掃除しましょう。

手を舐めてチェック

手の甲や、手のひらを舐めてしばらくしてその匂いを嗅ぐと自分の口臭に限りなく近い臭いがします。

この方法では臭いがあることや臭いの強さやどんな臭いかまで確実に分かるのですが、当然それだけ心理的なショックも大きいのでこの方法でやる場合はそれなりの心の準備が大切です。

唾液が完全に乾いてから、手の甲の臭いをチェックして見て下さい。
この場合、通常はほとんど臭いはせず無臭なはずです。

完全に乾ききっているにも関わらず臭いがする、という場合には
口臭がある可能性が高いと思って頂いた方が良いです。

コップ、ビニール袋でチェック

まず、コップや袋に息を吹きかけ、漏れないよう息を閉じ込めます。

一旦きれいな空気を吸い直し、閉じ込めた息のニオイを嗅いでみます。

朝一番(しゃべったり、歯を磨いたり物を食べたりする前に)にチェックすると、生理的口臭がわかる。

口臭チェッカー

口の悪臭の成分であるメチルメルカプタンをセンサーでとらえる、「口臭判定器」が市販されている。

市販で売られている口臭チェッカーはだいたい、数千円と意外とリーズナブルです。口臭の度合いが、4段階の物や6段階の物など、いろいろあります。

口臭の度合いが、4段階の物や6段階の物など、いろいろあります。口臭の一番の原因とされている、メチルメルカプタンや硫化水素などの成分を察知して、口臭のレベルを知らせてくれます。

ただ臭いの強さや弱さは分かりますが、どんな臭いか分からないのが唯一の欠点です。

口臭を確認していると解る事もある!

1 2





ひびきすさん

見やすいまとめが作れるようがんばりますっ!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう