1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大失態と運営が謝罪…AKBペナントレースが急遽中止になったワケ

2013年11月に実施が発表されていたAKB48グループのペナントレースが、2014年9月に急遽中止されることがあきらかに。複雑なルールと不公平感が理由とのことで、運営も平謝りの状況。中止となってしまったAKBペナントレースの騒動をまとめました。

更新日: 2014年09月24日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 163560 view
お気に入り追加

・2013年11月に実施が発表されていたAKB48グループのペナントレース

AKB48グループが2014年1月から「ペナントレース」制度を導入することが2013月11日9日、発表

同グループ総支配人(当時)の戸賀崎智信がYouTubeオフィシャルチャンネル内で発表

「チームの公演倍率(予約応募倍率)や支持率を、プロ野球やサッカーのように競い合うペナントレースを実施します」と明かした

・その後、2014年4月にペナントレースの詳細が発表

AKB48グループは2014年4月22日、国内4グループ・全12チームによるペナントレース『AKB48グループペナントレース~AKB48グループは競い合って磨かれる~』の詳細を公式ブログで発表

4月22日から10月31日までの半年間、国内12チームが、「AKB48グループ劇場公演有料会員応募倍率」、「AKB48劇場盤握手会の販売枚数」、「AKB48シングル選抜総選挙の得票数」の3項目で勝点を競う

・メンバーも意気込みを語っていたが…

チーム4キャプテンの峯岸みなみは「公演の倍率を競う、チーム4もより力を入れて公演を作っていかねばですね! 頑張ろう」と意気

SKE48の松井珠理奈さんは「なかなか公演に出れないので、これを機にいっぱい出たい」と早くも気合十分

NMB48では、谷川愛梨がGoogle+で「AKB48グループペナントレース! ちょっと難しいけどチームで団結力を高めようってことだよね。チームM頑張るぜー!」と燃えている

・一方でシステムが分かりにくいとの声も

メンバーやファンからはシステムが分かりにくいのと声も

HKT48のメンバー兼劇場支配人の指原莉乃は、自身のTwitterに「ペナントって兼任メンバーはどちらのポイントになるんですか??」「誰かわかりやすく教えて(*_*)」などと投稿

ファンからも『理解できない』『誰か3行で説明して?』『動画見ただけで、頭痛くなってきた』といった声が相次ぐ

各チームによって公演の開催数が異なることや、公演の基準倍率が回帰分析を用いた難解な計算式によって導き出されていることなどから、ファンからは疑問の声が上がっていた

・このペナントレースが2014年9月に急遽中止が発表

4月にスタートした『AKB48グループ ペナントレース』(開催期間:4月22日~10月31日)が、23日をもって中止となった

勝ち点制による全12チームの対抗戦「AKB48グループペナントレース」が23日、突然中止となった

・なぜ中止になったのか?

ルールが複雑すぎる…などとする運営

1 2 3





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう