1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

神戸不明女児生田美玲ちゃんバラバラ遺体で発見 47歳男を逮捕へ

美玲ちゃんの切断された遺体が入ったポリ袋に、男が通院する病院の診察券が入っていた。現在、警察は近所に住む47歳の男に事情を聴いており、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

更新日: 2014年09月30日

mizu_tamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
47 お気に入り 490361 view
お気に入り追加

最悪の結末に…ポリ袋に女児の切断遺体、生田美玲ちゃんと確認された

遺体は服を着ていなかったという

23日午後4時10分ごろ、神戸市長田区の雑木林で複数の袋に入れられた子どもの遺体が見つかった

兵庫県警は24日、DNA鑑定の結果、遺体の身元を行方不明になっている同区の市立名倉小1年、生田美玲(みれい)さん(6)と確認した

県警は死体遺棄容疑のほか、殺害された可能性もあるとみて捜査を進めるとともに、関連を調べている

捜査関係者によると、ポリ袋は6袋あったという

遺棄されたのは遺体の頭部のほか、両足、手を含む胴体。別々の袋に入れられ、それぞれポリ袋数枚を使って厳重に梱包されていた

袋は厳重に包まれてはいたが、狭い範囲に無造作に置かれ、埋めたり隠したりした形跡もなかった

頭部、両手と胴体、両足がそれぞれ別のポリ袋に入れられていたが、腰の部分がなかった

ポリ袋から見つかった衣服やサンダルが、小学校1年の生田美玲さん(6)が行方不明時に身につけていたものと一致する

美玲さんのものとみられるピンクと青色のワンピース、サンダル、下着

遺体は女児とみられるが、傷みが進んでいるという

顔からは身元確認ができないという→DNA鑑定で美玲ちゃんと確認された

ポリ袋発見場所は美玲ちゃん自宅アパートから約100メートル程の雑木林

現場の草むらはマンションの裏手に位置しており、県警が手がかりを求めて何度も足を踏み入れていたはずだった

遺体発見現場は、美玲さんの自宅から東に100メートルと近く、美玲さんが通う名倉小からも、歩いて数分の距離にある

捜査員が美玲さんの自宅周辺の聞き込みなどをしている際、近くから異臭がするのに気付き、袋の一つを開けたところ手のようなものが見えた

草むらには民家があったが、1995年の阪神大震災以降は空き家になり、今は住人はいないという

現場は路地からは見えない雑木林の草むらで、軽自動車などでも周辺には入り込めないといい、捜査本部は不審者を目撃した人がいないか調べている

【近くの50代女性】
「あそこ(現場)は近くに住んでいる人でも行かない場所だ」

40代の男性会社員は「暗くて薄気味悪く、誰も寄りつかない場所。近所の子供たちも行かないように言われている」と話した

県警はこれまで、遺体発見現場の周辺にある空き家は調べていたが、ポリ袋が見つかった場所は捜索していなかったことを明らかにした

県警は袋が見つかった周辺を、これまでにも複数回、捜索しており、ここ数日の間に遺棄された可能性もある

犯人が捜索をかいくぐって遺棄した可能性が高い

美玲ちゃん、行方不明までの足取り

今月11日の午後2時45分ごろ神戸市長田区名倉町にある家の近くにある小学校を出たことが確認されている

自宅近くの祖母宅にランドセルが見つかっており、下校後に立ち寄った後、ワンピースに着替えて外出したとみられる

家からは美玲ちゃんのリュックサックが1つなくなっていて、持って出かけた可能性がある

午後3時15分ごろ、祖母宅の南約400メートルにあるコンビニの防犯カメラに日傘を差して歩く女児が写っていた

1 2





mizu_tamaさん

猫になり~た~い~♪

/ス\



  • 話題の動画をまとめよう