1. まとめトップ
  2. おもしろ

丸パクリで話題の中国ブランドが日本に逆上陸してる

ユニクロ、無印、ダイソーを足して割った雑貨屋ということで話題になった「MINISO(メイソー)」。ひそかに日本に上陸して、しかも勢力を拡大しようとしてる!堂々すぎてむしろ清々しささえ感じます。

更新日: 2014年09月24日

274 お気に入り 319139 view
お気に入り追加

話題沸騰の「メイソウ」が日本に出店だと!?

中国発の雑貨店「メイソウ」が国内出店を開始。本店を池袋、旗艦店を高田馬場にオープンし、日本語版の公式サイトも立ち上がった

メイソウ日本に出店w

もう笑うしかないwww なぜって…

4月、中国発の生活雑貨店「メイソウ」が、あまりの突っ込みどころの多さで、日本のネットで話題になった

名前や形態が「ダイソー」、ロゴや店舗デザインが「ユニクロ」、取り扱う商品が「無印良品」に似ており、パクリすぎと関心を集めた

イイトコどりしやがって(゚_゚i)

ホームページをみても、言いたいことがありすぎてモヤモヤがとまらない

http://miniso.jp/index.php

「日本で大人気」という事実ではない触れ込みがあったり、存在しない「東京渋谷区神社前」が本社住所だったりと怪しさ満点

おいおいw

メイソウ…ここまでくると、呆れを通り越して感心するな。

でもこの能力をほかで活かしてほしいw

しかも悔しいくらい勢いがハンパない

すでに、全世界で3000店舗を展開し、生活製品を中心に約5000種類の製品を取り扱っているという

今後、5万種類の品揃えを目指し、毎月約20店舗のペースで国内外に新規出店していく計画だという

パクリブランドが一大企業になっていく世の矛盾…

「メイソウ」の店内はこんな感じに「日本のブランド」「全世界的なチェーン店」を全面に押し出してるらしい  pic.twitter.com/vwVn9RLgRd

日本製をウリにしてのし上がってきたらしい…

人気が高まっていることについて、中国メディアは「商品の品質とコストの徹底したコントロールが成功の秘訣だ」と報じている

なに自分の手柄みたいにしてんのw

創始者とされる日本人が色々とナゾ…

「三宅順也」という日本人がブランド創始者とされているが、その正体は不明

三宅順也って三宅一生とわたなべ順也をまぜてる?w

なんか聞いたことある名前だと思ったらそういうことかw

文化服装学院の広報担当者に確認したところ、同姓同名の三宅順也という卒業生が1名存在することが確認できた

ほぉ…

メイソウのバイヤーメールに、三宅順也先生を取材させてくださいと、頼んでみる。

@Taniyajapan 電話で話しました。感じのいい人でしたよ。書面インタビューに答えてもらえそうです。

実在するんだ!それでもまだ信じられないw

日本推しの割には日本語がメチャクチャ

⑬メイソウの商品を一部ご紹介。 とりあえず「日本語」を前面に。ただ、意味不明な日本語多し。 100%日本品質と謳われておきながら、「MADE IN CHINA」の文字はなんと正直な。 「渋谷区神社前」は存在せず…。 pic.twitter.com/CORtJAwaK2

いやそこ伏せようよwww

話題のメイソウの商品を貰った(>_<)(T_T) pic.twitter.com/Urqq3NgZke

まさかの過去形www斬新すぎるwww

メイソウの商品キャッチは日本語勉強した中国人が打ってて、ヴィダルサスーソは日本語読めない中国人が打ってるという違い pic.twitter.com/Qwnqlj6yQS

ヒドすぎてもうイヤw

メイソウをさらにパクったライバルも登場

なんだこのカオス展開w

1 2





サルバトーレさん

少しずつまとめを作っていこうと思います。よろしくお願いします^^



  • 話題の動画をまとめよう