1. まとめトップ
  2. カラダ

妊婦は必ずインフルエンザの予防接種を受けたほうが良いらしい

妊娠中にかかると危険な病気の一つが、インフルエンザという感染症です。9月に入り感染しているかもいます。ワクチンや薬による胎児への影響に不安を感じている方もいると思います。胎児への影響は?予防接種を受けても大丈夫なの?など妊娠中のインフルエンザ情報をまとめました。

更新日: 2014年09月24日

sun3355さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 373799 view
お気に入り追加

お腹の中には大切な子供が宿っている妊婦さんにとって、自分の身だけではなく赤ちゃんの身にも危険となりうるインフルエンザなどの流行病はとても厄介なものです。

デング熱広がってるね!!うち妊婦だし、もし感染したらどうなるんだろ。。。お腹の子には影響ないかな?臨月にインフルエンザになったことあるけど、生きた心地しなかった。

最近「インフルエンザの予防接種した方がいいですか?」と妊婦から訊かれることが多いけど、妊娠中だけじゃなく、産後に乳児抱えて高熱もしんどいからワクチン打っといた方がいいよ。 もちろん家族も。

妊娠中は体力が低下しやすく感染症にかかりやすい

妊娠中は体力が低下しやすく、風邪をはじめとする感染症にかかりやすくなります。

とりわけ、すでにお子さんのいらっしゃる妊婦さんだと、お子さんが学校や幼稚園で病気をもらってくることも多いです。

特に妊娠初期はつわりで体力が低下していますし、妊娠中期・妊娠後期は赤ちゃんに必要な酸素量の増加などが理由で心肺機能が低下しているため、重症化しやすいです。

妊婦さんの感染症で最も問題なのは、妊婦さんの体力の低下です。感染症にかかるとウイルスなど菌が胎児に感染(心配な感染症は一部あるものの、たいていは大丈夫だそうです)

接種した方が良い理由とは?

予防接種をせずにインフルエンザにかかってしまうと赤ちゃんへの影響を考慮して薬もなかなか使えませんから、治るまで時間がかかってしまいますし、辛い思いをすることになってしまいます。

「タミフルなどの薬は飲めない」「予防接種はできない」などの思い込みで、何も対策せずにインフルエンザに感染して重症化してしまうのは避けたいですよね。

妊娠中でもインフルエンザの予防接種をしても良いの?

インフルエンザワクチンってそもそも効果はあるの?

近年発表された複数の研究で、妊娠中のインフルエンザワクチン接種の安全性と有効性が支持されているという。

「インフルエンザウイルスは感染性が極めて強く、妊婦では肺炎、早産、その他の合併症を引き起こすことがあるため、特に危険である」とACOGのLaura Riley氏は述べている。

もし、予防接種を受けていなかった妊婦さんがインフルエンザにかかってしまったとしても、高齢者の方のように死亡率が高くありません。

予防接種は、妊娠中の女性だけでなく、生まれてくる子どもも守ることができる。

乳児は生後6カ月までインフルエンザの予防接種を受けることができないが、母親が受ければ胎内でインフルエンザ抗体を受け取ることができ、直接ワクチンを接種できる月齢になるまで保護される。

妊婦でのインフルエンザワクチン接種は母体だけでなく児にも予防効果あり

妊婦に対するインフルエンザ不活化ワクチンはPCR-comfirmedなインフルエンザに対し50%程度の予防効果があり、児でもその効果は一部認められた、という二重盲検RCT南アフリカで2011年に行われた試験である。

妊娠中に予防接種をしても母体にも胎児にも影響は極めて低いとされ、妊婦さんが希望する場合は予防接種をしても良いことになっています。

現在日本で使用されているインフルエンザワクチンは、生ワクチンではなく不活化ワクチンであるため、重篤な副作用は起こらないと考えられており、一般的に妊娠中の全期間において安全であるとされています。

また、妊娠初期にインフルエンザワクチンを接種しても胎児に異常の出る確率が高くなったというデータも無いことから、予防接種直後に妊娠が判明しても、胎児への影響を心配して人工妊娠中絶を考慮する必要はないと考えられています。

注意したいことは?

ただし、妊娠初期は自然流産の起こりやすい時期でもあることから避けたほうが良いとする意見もあります。

インフルエンザワクチンの接種とは関係なく、一般的に妊娠初期は自然流産が起こりやすい時期であり、この時期の予防接種は避けた方がよいと考えられます。

接種する場合は接種予定の医師に予め確認をしておきましょう。

もしかかってしまったら?

実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。

妊婦からみると、あらかじめ、かかりつけ医師と相談し、疑う症状が出た際に相談する医療機関を決めておくことが肝要だ。

夜間などの発熱の場合についても、「あらかじめどのようにするかを決めておくことが望ましい」とされている。

1





sun3355さん



  • 話題の動画をまとめよう