1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

一度は行きたい!国内にある自然の宝庫「世界ジオパーク」に注目

世界的に貴重な地形や地質が残る自然公園「世界ジオパーク」に、熊本県・阿蘇が新たに認定されました。国内では七カ所目です。世界遺産に比べ知名度は低いですが素晴らしい自然や文化に出会える場所です。それぞれのジオパークがどんな所なのか動画も交えて紹介します。

更新日: 2014年09月26日

hy02さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
71 お気に入り 10478 view
お気に入り追加

熊本県の「阿蘇」が世界ジオパークに認定

熊本県にある阿蘇山

世界ジオパークネットワーク(GGN、本部・パリ)は23日、世界的に貴重な地形や地質が残る自然公園「世界ジオパーク」に、熊本県の「阿蘇」を認定

国内では7番目、九州では2番目の認定。2010年と12年の挑戦はかなわず、「三度目の正直」で念願がかなった地元では、観光振興などへの期待が高まっている

ジオパークって?

マレーシア・ランカウイ島にあるジオパーク

地球や大地を意味する「ジオ」と「パーク」(公園)を組み合わせた言葉で、地質学的に貴重な地形などを備えた自然公園のこと

貴重な地形や地質を備えた場所、例えば大きな溶岩やきれいな地層といった、地球の活動の歴史が感じられるところなどが認定される

世界遺産は国連教育科学文化機関(ユネスコ)が保護を主な目的に登録している。世界ジオパークは、世界ジオパークネットワークが、その土地が暮らしや文化に活用されているかも審査して認定する

国内では7ヶ所目!

国内のほかの世界ジオパーク認定は、洞爺湖有珠山(北海道)、糸魚川(新潟)、山陰海岸(京都、兵庫、鳥取)、隠岐(島根)、室戸(高知)、島原半島(長崎)

ここからは、国内にある世界ジオパークの魅力を紹介していきます。

世界有数のカルデラがある阿蘇(熊本)

カルデラ内部にできた中央の高い山々である阿蘇五岳を一度に望むことができる絶景ポイント、大観峰

カルデラとは火山の活動によってできた大きな凹地のことです。

27万年前から9万年前までの4回の巨大噴火で形成されたといわれる世界有数のカルデラ(南北約25キロ、東西約18キロ)や、火山活動が続く中岳、広大な草千里ヶ浜などが有名

世界有数の活火山。ロープウェイで標高1506mの山頂へと上がっていくと硫黄の匂いが立ちこめ、南北約1km、東西約400m、周囲約4kmの火口が噴煙を上げる様を間近に見ることができる

今もなお、噴火の名残の黒い砂や、火山弾、噴石を見る事ができます

烏帽子岳の北麓に広がる草原で、目の前には、噴煙をあげている中岳がそびえています。 大きな池や放牧された馬がのんびりとしているのどかな風景は、阿蘇の代表的な風景の一つ

自然の変化を体感・洞爺湖有珠山(北海道)

洞爺湖有珠山(とうやこうすざん)ジオパークは2009年に日本で初めて世界ジオパークに認定されました。

洞爺湖有珠山ジオパークは、北海道にある洞爺湖及び有珠山を中心とし、伊達市、豊浦町、壮瞥町、洞爺湖町にひろがるジオパーク

数十年に一度の割合で繰り返される火山活動により目の前の景色を変え続けてきた有珠山周辺は、世界でも類を見ない「変動する大地」を体感できる貴重な学びの場

有珠山山頂に向かうロープウェイから見える景色。秋には眼下に紅葉と洞爺湖、奥には羊蹄山が見えます。

洞爺湖・有珠山エリアは、20世紀だけでも4回もの噴火を経験している生きた火山地帯。しかし、すぐそばには人が暮らし、豊かな温泉が湧くことから道内有数の観光地としても人気

噴煙を上げる有珠山の自然のエネルギーを体感できる。山頂へはロープウェイを利用、中島が浮かぶ洞爺湖の全景を見渡せる

出典 Vimeo

洞爺湖有珠山がどのような変化をしてきたかが分かりやすくまとめられています。

1 2 3





hy02さん

スポーツ、エンタメ、IT、ライフハックなどを中心に気になったことをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう