1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

皇族女性にキャリアプランは必要?佳子さまもキャリア女子への道

先日、佳子さまが学習院大学を中退されましたが、これも、自己のキャリア形成のためとも言われています。女性皇族がキャリア化する近年には、女性宮家見送りも一因にあるのかもしれませんね。

更新日: 2014年09月26日

yuyu170823さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
36 お気に入り 181220 view
お気に入り追加

佳子さまが8月末で学習院大を退学なされた

卒業まであと2年を残して学習院大学中退を決意、 国際基督教大学(ICU)など他大学の受験する事を発表した秋篠宮家次女・佳子さま

学習院大3年の男子学生(22)は「かわいいから、みんな残念がっている。真偽の定かでない、いろんな噂が飛び交ってます」と言う

佳子さまは実は高校在学中から他の大学への進学を望み、受験されたのだが不合格だった。新たな学びの場を求めていた

今年12月29日には20歳の誕生日を迎え、成年皇族としての公務を始められる

学習院大学中退は、自身のキャリア形成のためと思われる

佳子さまも教員資格を取ることは可能ですが、 現実的 に考えて、皇族の佳子さまが将来、教師になられることは難しい

将来的に皇室の方が教壇に立つことは現実的とは言えないでしょう。たとえ民間に嫁がれても色々な面で難しいのでは

そう考えると、佳子さまは周りのご友人たちとご自分との温度差を日に日に感じられるようになったようです

ご両親ともども、佳子さまは、きちんとしたキャリア形成が必要だとお考えになったのでしょう

女性皇族の社会進出はめざましい

時代の流れとともに働く女性が増え、早くに結婚し、家庭に入る人は少数となりました。それは皇室も同じだということ

「結婚しても、出産しても、働くことが当たり前という意識が浸透しつつあり、それは皇族の方も同じなのでしょう」

女性のキャリア形成を研究する昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員の治部(じぶ)れんげさんの談

天皇陛下の長女、黒田清子(さやこ)さん(45)は、大学卒業後に山階鳥類研究所の非常勤研究助手になられた

黒田清子さまが、働いて給与を得た史上初の内親王となったのを皮切りに、一気に女性皇族の「社会進出」が進んだ

三笠宮家の彬子(あきこ)さま(32)は、オックスフォード大学博士課程(日本美術史)を修了した

公募採用で立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェローに就任。毎日新聞で連載も執筆されている

“お騒がせプリンセス”と呼ばれた高円宮家の長女、承子(つぐこ)さま(28)も、学習院女子大を退学、留学を経て早稲田大を卒業

典子さまのような旧来のパターンが珍しいくらい

眞子さまもエディンバラ大学大学院に留学した

1 2





yuyu170823さん

「ドラマ」関連のまとめを主に、芸能・スポーツ・社会ニュース・健康関連までまとめています



  • 話題の動画をまとめよう