1. まとめトップ

世界に広がるIS「イスラム国(Islamic State)」の脅威!

2014年9月23日、米軍によるシリア空爆が開始されてから1年以上が経過する。しかしイスラム国の脅威は未だ衰えを見せない。パリ同時多発テロやロシア機墜落テロを受け、米国主導の有志連合軍や、フランス、ロシア、イギリスなど世界各国がIS打倒に向け連携を強めた。

更新日: 2016年05月28日

opqrstuvさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 282277 view
お気に入り追加

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■有志連合、ファルージャでIS司令官含む70人以上殺害

イラクの首都バグダッド(Baghdad)に派遣されているウォーレン報道官によると、有志連合軍は過去4日間に20回の攻撃を行い、ファルージャ市内のISの陣地や砲座を破壊したという。

同報道官は、「われわれはファルージャのISIL(ISの別称)司令官、マヘル・ビラウィ(Maher Al-Bilawi)を含む70人以上を殺害した」「これで敵が戦闘をやめるわけではないが、打撃にはなった。(司令官の死亡で)混乱が生じ、ナンバー2が司令官として昇進し、他の指導者たちも動き回らなければならないはずだ」と述べた。

イラク・ファルージャ奪還作戦で、ファルージャの北東セジャル村付近を進軍するイラク軍部隊

イラク軍は今週初め、バグダッドの西50キロに位置し、ISの支配下にあるファルージャの奪還作戦を開始した。ファルージャには500~1000人のIS戦闘員がいて、市外への脱出を試みる人を殺害しようとしているため、市内には約5万人の一般市民が取り残されているとみられている。

■ISIS「断食月」中に欧米攻撃か ネットで呼び掛け

過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の報道担当者が欧米へのさらなる攻撃を呼び掛けている音声テープが、インターネット上で公開された。

ISISが2014年6月にイスラム国家の樹立を宣言してから実行または扇動したテロ攻撃は、イラク、シリア両国を除く21カ国で少なくとも計90件発生した。これらのテロによる死者は1390人以上、負傷者は2000人を越えている。

■イラクのIS支配地域45%奪還…米

米国防総省のクック報道官は16日の記者会見で、イラクで過激派組織「イスラム国」(IS)の支配下にあった地域のうち「約45%を奪還した」と語った。オバマ米大統領は今年2月、ISはイラクで制圧地域の約40%を失ったと表明していた。

■IS、シリア軍機を撃墜 パイロット拘束

イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」は22日、シリア政府軍機を首都ダマスカス(Damascus)東方で撃墜し、パイロットを生きたまま拘束したと発表した。

シリアの首都ダマスカスの50キロ郊外にあるドゥマイルの軍用空港を離陸したシリア軍機

アマックによると、ISの戦闘員がシリア軍機を撃墜し、墜落現場にパラシュートで降下したパイロットを拘束したという。パイロットはシリア・ハマ(Hama)出身のアザム・イード(Azzam Eid)操縦士だとしている。

■イラク軍、モスル奪還作戦を開始

イラク軍は24日、民兵部隊と共に、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が支配する国内第2の都市、北部モスル(Mosul)の奪還作戦を開始したと発表した。ただ、モスルはISがイラクに持つ主要拠点だけに、長期にわたる難しい戦いを強いられそうだ。

■シリア政府軍、中部のIS拠点カルヤタインを奪還

シリア政府軍は3日、同国中部の要衝カルヤタイン(Al-Qaryatain)をイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」から奪還した。国営テレビが報じた。1週間前に古代都市遺跡で知られるパルミラ(Palmyra)を奪還したのに続き、ISに新たな打撃を加えた。

■シリア政府軍、パルミラ奪還…ISから10カ月ぶり

シリア政府軍は27日、中部の要衝パルミラを過激派組織「イスラム国」(IS)から約10カ月ぶりに奪還した。国営メディアが報じた。政府軍はパルミラ制圧を弾みに東部デリゾールやイラクとの国境地帯でも攻勢に出る構えを見せる。ISはイラクでも劣勢が続き、支配地域縮小に歯止めがかからない状況だ。

■ISのナンバー2殺害 米軍主導の有志連合

カーター米国防長官は25日、過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦を進める米軍主導の有志連合が、ナンバー2とされるハジ・イマム容疑者を殺害したと明らかにした。シリアとイラクで劣勢を強いられているISにとって、さらなる打撃となりそうだ。

カーター氏によると、イマム容疑者は「財務相」として資金調達などを担っていたほか、海外でのテロ計画も指揮。米当局は国際テロリストとして手配し、700万ドル(約7億9千万円)の懸賞金を用意して行方を追っていた。今月、シリア領内で殺害したという。特殊部隊による急襲作戦だったとみられる。

■“イスラム国”に「行こうとしていない」 トルコで拘束の男性帰国

1 2 3 4 5 ... 22 23





お気に入り登録ありがとうございます。まとめ2年生です。よろしくお願いします。にゃ...



  • 話題の動画をまとめよう