1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

100年ぶり快挙も?新鋭・逸ノ城が白鵬一強時代を終わらせるかも

25日、大相撲秋場所12日目が行われ、新入幕の逸ノ城が新大関、豪栄道を破り2日続けての大関撃破となりました。数々の記録を更新する逸ノ城。その実力は歴代の大横綱も認めており、今後の展開次第では100年ぶりの大記録の可能性も見えてきました。

更新日: 2014年09月26日

00mashimashiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 71655 view
お気に入り追加

▼2日続けての大関撃破!100年ぶりとなる新入幕優勝も見えてきた?

大相撲秋場所12日目(25日・両国国技館)横綱白鵬が12戦全勝で単独トップを守った

ここまで1敗と快進撃が続く新入幕の逸ノ城が大関・豪栄道を破り、2日続けて大関から白星を挙げました

逸ノ城は”いちのじょう”と読みます。

⊿前夜の注文相撲から一転…今度は横綱相撲で新大関を撃破した

どっちが大関なのか? 逸ノ城は立ち合いで右の下手をねじ込み、左も下手を取る。巻き替えられたところで一気に前へ出た

⊿髷も結えない「ザンバラ」力士が昭和以降初の快挙を達成した

昭和以降、初の快挙となる新入幕場所での大関2日連続連破。逸ノ城が底知れぬ強さを見せつけた

新入幕力士の1場所2大関撃破は、00年5月場所で栃乃花(現二十山親方)が千代大海、貴ノ浪を破って以来、14年ぶりとなります。

逸ノ城
「きょうは本当にうれしいです。大関の形をつくられる前に出られてよかった。今場所一番いい相撲だった。90(点)ぐらい」

▼異例のスピード出世を続けるモンゴル出身の21歳

初土俵からたった4場所という史上2位タイのスピードで幕内に駆け上がってきた逸ノ城(21)

逸ノ城は新入幕で迎えた今場所、力強い相撲で三役経験者を次々と破った

幕下付け出しデビューでは、史上最速の5場所目で大関戦初白星&2桁勝利を11日目に達成

⊿「進化する怪物」はついに横綱と対戦することが決まった

新入幕の横綱戦は07年秋場所の豪栄道以来7年ぶりだが、ザンバラ髪での挑戦は初

勝てば73年秋場所の大錦以来3人目で、初土俵から5場所目での金星獲得は、武双山の7場所を2場所更新する

逸ノ城
「横綱戦はマジで!?と思った。明日は無理。相手は横綱ですよ。1、2秒で負けないようにするだけです」

▼同じモンゴル出身も…これまでの横綱と違うバックボーンを持った逸ノ城

⊿初の「遊牧民」出身力士だった逸ノ城

1 2





ワンワン!



  • 話題の動画をまとめよう