1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ニューヨークで愛されている"日本の地ビール"があるらしい。

茨城県の木内酒造で造られているクラフトビール「常陸野ネストビール」が、アメリカで人気になっているようです。その魅力をまとめてみました。

更新日: 2014年09月27日

ringo-mikanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
431 お気に入り 99046 view
お気に入り追加

アメリカのビールファンに支持される日本のビールがあります。

カリフォルニアのWhole Foods Marketのビール売り場。

カリフォルニアのスーパーにて。
サッポロビールの両隣においているのは…

ニューヨーク、または全米のビールファンだったら知らない人はいないだろうと言い切れるほど有名な日本のビールがある。

アサヒビールやサッポロビールなど国内大手を抜き、ニューヨークで売れに売れている

米国では「Hitachino Nest Beer」で知られる「常陸野ネストビール」。ニューヨークでは同ビールのキャラクター、“ふくろう”が描かれた常陸野トラックが頻繁に走っている。

ニューヨークの三ツ星フレンチレストラン「ダニエル」のオーナー、ダニエル・ブリュー氏も常陸野ネストを絶賛。彼のレストランでも常陸野ネストは他の高級ワインと堂々肩を並べており、客レビューでも『最高の味わいを持つビール』として高い評価を受けている。

ニューヨークの“ベスト・クラフトビアバー”として常に名前が挙がるブルックリンの「Spuyten Duyvil」。現在は世界15カ国のクラフトビールを扱っているが、その中でも常陸野ネストは圧倒的な人気を誇っているという。

「『Hitachino』は12オンス(約350ml)で9ドルだけど、とにかくよく出るよ。レッドライスをレシピに加えるなど誰にも真似できない独自のひねりがあって、どの商品もシンプルにうまいからね。質に対して価格が良心的だし、パッケージでも大成功している。

Spuyten Duyvilオーナー、ジョシュ・バートン氏も絶賛!

初めてのオーダーで名前を覚えられなくても、来店した際に「ふくろうのビールちょうだい」と言うように、ラベルで覚えてる人も多くいるようです。

ビールのワールドカップで金賞やチャンピオンに!

常陸野ネストビールは、1997年のインターナショナルビアサミット金賞受賞を皮切りに、国内外で受賞歴を重ねる

ホワイトエールが、2000年にニューヨークで開催されたワールド・ビア・カップ(World Beer Cup)で金メダルを獲得したことがブレークのきっかけ。

イギリス最大のビールコンペでは金賞受賞のビールの中から選ばれるチャンピオンビールの栄誉も授かりました。

製造元は茨城県の木内酒造

ご当地名物のビールではなく、個性があり品質の高いビールを、それを評価できる人に届けたいと、全国で売り、さらに2001年には輸出を開始した。

海外の輸出をいち早く始めたパイオニアは、その輸出先である世界のビールシーンをいち早く取り入れ、そのトレンドを国内に反映させることに成功。

現在ではアメリカ全土をはじめイギリス、スウェーデン、イタリア、ロシア、香港、デンマークと世界中に輸出され、海外でもっとも飲まれている日本のクラフトビールとなりました。

構想に18カ月を要した「常陸野ネストビール」の特徴は、苦味の効いた芳醇(ほうじゅん)な香り。

常陸野ネストビールは味のバリエーションが豊富です!
次の12のテイストが楽しめます。

スタイル:ホワイトエール
原料:麦芽、ホップ、ハーブスパイス、果汁
アルコール度数:5.5%
オススメの飲み方:香りを深く感じながら飲む

1998年、1999年のジャパンビアカップで2年連続金メダル、
2000年と2004年ワールドビアカップ金メダル、
2002年
英国 The Brewing Industry International Awards
金メダル及び部門総合チャンピオン

ベルギーの代表的なスタイルであるベルジャンスタイルウィートでつくられているため、小麦ビール特有の白濁したクリーミーな味わい。またオレンジ、コリアンダー、ハーブといった柑橘系の香りが楽しめるのも大きな特徴です。

スタイル:ヴァイツェン
原料:麦芽、ホップ
アルコール度数:5%
オススメの飲み方:ソーセージとあう

本場ドイツのDLG(ドイツ農林省)から2年連続金メダル

1 2 3





エンタメ・雑学を中心に気になったことをまとめます。誰かのお役に立てれば嬉しいです。

Twitter: http://goo.gl/Cx7VUJ



  • 話題の動画をまとめよう