1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ハワイの立入禁止エリアにある「ニイハウ島」が素敵だった!

一般人は、許可なく入ることができない島が、ハワイにあります。

更新日: 2014年09月26日

robertoRoccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
425 お気に入り 183848 view
お気に入り追加

一般人は、入れない島

8つのハワイ諸島の中で、最も西にある小さな島

ニイハウ島では、自給自足で島内ではお金は不要。

コンクリートのような人工物もない。

ホテルや電気や舗装された道も、何もない。

“禁止された島”として知られていて、ハワイの種族でない人は、島に行く事が許可されていない

かつて島民付きでピアノ一台+1万ドルで売られて、スコットランド人のロビンソン一家が購入

島民付きで売りに出されたっていうのもスゴイですね!

しかし運がよければ、上陸できるチャンスが!

普段は、遠くから見ることしかできない。

ロビンソン一家は、ニイハウ島住民の医療救助のためにヘリコプターを購入

その維持費をまかなうために、ヘリコプターツアーが開始されたとされている。

最低でも5人参加じゃないとスタートしないそうです。

隣の島から、ニイハウ島をグルっと回って着陸

ツアー概要の注意点には「島民をみても話しかけないで」「島民の写真は禁止」と記載されています。

島民の暮らしには、ほとんど見ることができない。

その代わり、手付かずの自然を楽しめる

シュノーケリングを楽しむことも

絶滅危惧種である
ハワイアンモンクシールの姿

その美しさと芸術性の高さ、希少価値から宝石並みの価格がつけられている。

このレイが、ニイハウ島の主要産業のひとつとなっている。

実は、日本人が住んでいるという話も

「ニイハウ島事件」と呼ばれる出来事。

パイロットの西開地重徳一飛曹は、ニイハウ島にいた日系アメリカ人2世の原田義男に救助され匿われた

その後、西開地は殺害され原田は自殺したとされている

しかし、ニイハウ島は、ここ数年で人口がどんどんと減ってきていて、今の人口は100人程だということです。

それでも、もはやほかの島では見られないハワイの伝統が脈々と受け継がれているのだ。

ハワイの禁断の島「ニイハウ島」でした。

1





robertoRoccさん



  • 話題の動画をまとめよう