1. まとめトップ
116 お気に入り 677394 view
お気に入り追加

確実に痩せるダイエットとして話題のプチ断食。
その中でも1日1食は効果抜群です。

芸能人や有名人にも1日1食をダイエットのため、健康のために実践している方々がたくさんいます。

Gackt

GACKT(がくと、1973年7月4日[2] - )及び神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。旧芸名:Gackt(読み同じ)。ちなみに彼のファンは「LOVERS」と呼称される。

基本的には一日に夕食を一食と、トレーニングで野菜ジュースを飲む、とのことらしいです。

夕食は野菜が中心で、炭水化物は摂らないらしい。とは言うものの、Gacktの場合はかなりの量を食べているようで、野菜中心に質の良い物をしっかり食しているので、不健康な食事ではないと想像できます。細くなりたいモデルが健康考えずに野菜しか食べないのとはちょっと違うようですね。

彼の考えでは、「一日三食摂らなければいけないのは思い込み。完全に過食。」とのことで、とても共感できます。

「僕は1日1食しか食べない。だから食べ物には、ものすごくこだわる」(ミュージシャン、GACKT)

京本政樹

京本 政樹(きょうもと まさき、1959年1月21日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手、ギタリスト。大阪府吹田市出身の高槻市育ち。Ryus-up(リューズ・アップ)所属。大阪府立高槻南高等学校卒、多摩美術大学中退。血液型B型。身長178cm、体重61kg。

一日一食、夕飯を食べるようですが、時間は特に決まっていないそうです。特に食べるものを制限しているわけではなく、ステーキだったら1kgを食べることもあるのだとか。Gacktと同じく大食いなんですね。
すき焼きや中華、焼き肉などなんでも食べるそうです。
では何故一食にしてるのかというと、胃が楽で体調が良くなるからだそうです。

小食のため1日1食しか食べない。舞台公演があるときは1日2食の場合もある。ビール、タバコ、コーヒーが嫌い(「はなまるマーケット」2005年12月放送より)。

「1日1食で若いころの体型を維持。いつでも美剣士ができる」(俳優、京本政樹)

ビートたけし

ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のコメディアン、タレント、映画監督、俳優。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が高い。

「オイラは一日一食しか食べないよ。朝は野菜ジュースだけ」
 ビートたけしさんが、さらっと語っています(「週刊ポスト」2013年7月12日号)。

「朝起きたらまず、野菜ジュースをタップリ飲んで、その後は晩飯まで何も食わない」「軍団のヤツラやら、付き人を連れて焼き肉を食いにいくこともあるけど、オイラは肉をサンチュに巻いてちょこちょこ食って終わりだよ」「まァオイラは自分のリズムに合うからってことで1日1食にしている……」。

タモリ

タモリ(1945年8月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティー、作詞家、作曲家、作家、実業家。本名:森田 一義(もりた かずよし)。

「笑っていいとも!」通算8054回のうち欠席したのは、わずか12日。休んだ理由も船舶試験、ゴルフ中の事故など。「風邪などの体調不良で休んだことは一度もない」(テレビ局関係者)。これはスゴイ。「いいとも!」生放送でも「1日3食は食べすぎ」と断言。

2014年3月27日放映の「とんねるずのみなさんのおかげでしたSP」で、中居正広さんが衝撃証言。
 「タモリさんは、27時間テレビで1回も食べなかったですよ。僕らなんか、昼食べて、間の時間におにぎり食べてとかですけど、(タモリさんは)なにも食べなかったんですよ」。これに対して、タモリは平然と答える。「食べるとね、絶対バテると思ったの」。

ピンクレディーの未唯

未唯mie(みい、1958年3月9日 - )は、日本の歌手、女優、タレントである。本名、根本 美鶴代(ねもと みつよ)。1976年、ピンク・レディーのメンバーのひとり、ミーとしてメジャーデビューを果たした。静岡県静岡市葵区生まれ。常葉高校卒業。ピンク・レディー解散後、しばらくは「MIE」という芸名であったが、1998年に未唯(みい)と改名。2006年からは表記を「未唯mie」に改めた。

デビュー以来一日一食らしいです。仕事が終わってから、やはり体にいいものを食べてるとのこと。

理由は京本さんと同じく、ダイエット目的じゃなくその方が体調が良いからだそうです。食べることも料理も好きだけど、一日一食の内容をしっかりさせるとのこと。

「ピンク・レディーの殺人スケジュールを乗り切ったのも、今もミニでステージに立てるのも、1日1食のおかげ」(タレント、未唯mie)

サンプラザ中野

サンプラザ中野くん(サンプラザ なかのくん、1960年8月15日 - )は、日本のミュージシャン、作家。本名、中野 裕貴(なかの ひろたか)。山梨県甲府市生まれ、千葉県育ち。アミューズ所属。千葉県立東葛飾高等学校卒業、早稲田大学政治経済学部政治学科除籍。「山口のばら」名義で作詞も行なっている。

身長181cm。血液型はB型。左利き。スキンヘッドとサングラスがトレードマーク。

自他共に認める健康マニアだそうです。彼の場合は他の人と違い、完全な「ベジタリアン」だとのこと。と言っても、肉が食べられない分は大豆とか食べるので栄養バランスに問題はないんでしょうね。

完全なベジタリアンになってからはマイナスな思考がほとんどなくなって、精神的に常にハッピーでいられるようになったんだとか。まぁ彼は趣味で「肉を食べなかったらどうなるんだろう…」と実験をしてそうなったらしく、我々には真似できそうにないですね。

●それは、1日1食の1食は充実した1食じゃないといけませんよね。

「いえ、全然。人間、成人男性は1日に2500キロカロリーが必要だといわれていますけど、2500キロカロリーも食べていると、太りますよね。大抵の人、太っていますよね。それは、色々な要素があって太ってしまうんですけど、早い話が食べすぎなんですよね。なぜ、世の中の人は『食べろ食べろ』と言うかというと、食べさせたいんですよね(笑)。誰かが食べさせたいがために、色々なところでお金を使ってプロパガンダしているわけですよ。で、『1日3食食べていいんだ』、『1日3食食べないと死んでしまう』ってくらいの勢いで思い込まされて、みんなそれなりにふくよかな体になってしまっているんですね。ちなみに私は1日に1.5食くらいしか食べていないですね」

千葉真一

千葉 真一 (ちば しんいち、JJ Sonny Chiba, 1939年1月22日 - )は[注釈 1]、日本の俳優・歌手・体操選手・空手家・芸能プロモーター・映画プロデューサー・映画監督・作詞家・作曲家・ナレーター・声優。

千葉真一さんも、驚異的な若さの秘密を尋ねられ、即答しています。
 「1つ、は、『食べないこと』、正確には1日1食しか食べない。体を飢餓状態にすることで抗老化遺伝子といわれるサーチュイン遺伝子を目覚めさせ、体の細胞を若返らせているんです」(「日刊ゲンダイ」2014年7月26日)

1 2





ギター弾きです、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう