1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【訃報】ドカベン・香川伸行さんが心筋梗塞のため死去

プロ野球の南海・ダイエーで活躍し、「ドカベン」の愛称で親しまれた香川伸行さんが心筋梗塞のため、福岡県内で死去した。52歳でした。

更新日: 2014年09月27日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 26733 view
お気に入り追加

●ドカベン・香川伸行さんが心筋梗塞のため、福岡県内で死去

ドカベンの香川死んだん?若すぎひん?え?つらい、、、

プロ野球の南海・ダイエーで活躍し、「ドカベン」の愛称で親しまれた香川伸行(かがわ・のぶゆき)氏が26日午後7時34分、心筋梗塞のため、福岡県内で死去した。

・26日、自宅に戻った夫人が倒れている香川さんも見つけ、死亡が確認された

関係者によると26日、外出先から福岡市内の自宅に戻った夫人が、倒れている香川さんを見つけた。

香川氏は3年前から受けている人工透析治療をこの日も受け、自宅に戻っていた。

・浪商高時代には、牛島和彦氏とバッテリーを組み、79年に春夏の甲子園に出場

浪商高時代に牛島和彦氏(元横浜監督)とバッテリーを組み、1979年に春夏の甲子園に出場。

・春は準優勝、夏は3試合連続本塁打を放つなど4強に貢献

春は準優勝、夏は3試合連続本塁打を放つ活躍で4強入りに貢献した。

大きな体を生かした豪快なバッティングが持ち味のキャッチャーで、人気漫画「ドカベン」の主人公に風貌などが似ていたことから「ドカベン」の愛称で親しまれました。

・79年南海にドラフト2位で入団、膝の痛めた原因で27歳の若さで引退

1979年のプロ野球ドラフト会議で南海に2位で指名され入団。

チームが福岡に移転しダイエーとなった1989年のシーズンまで通算10年間プレーしました。

通算714試合出場で打率2割5分5厘、78本塁打、270打点。

・89年の現役引退後は、野球評論家として活動、01年に急性腎臓症を発症した

1989年の現役引退後、野球評論家として活動していた香川氏は01年に急性腎臓症を発症。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう