1. まとめトップ

君野康弘(きみのやすひろ)「生田美玲ちゃん殺害」全面自供!神戸地裁死刑判決

「神戸女児殺害事件」で生田美玲ちゃん死体遺棄および殺人の容疑で君野康弘が逮捕されました。その後自供を始め、ついには精神鑑定までも・・。この事件を改めてまとめてみました。随時更新していきます。

更新日: 2016年07月13日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 357359 view
お気に入り追加

▼「神戸女児殺害死体遺棄事件」発生 2014年9月

神戸市長田区に住む市立小学校1年の生田美玲さん(6)が11日午後から行方不明に

2014年9月24日、発見現場の近所に住む職業不詳の男(47)を死体遺棄容疑で逮捕

先月19日に神戸市内の友人の家に泊めてほしいと訪れ、2晩泊まった。思い詰めた様子だったという。

 君野容疑者の友人「“もう死ななあかん”と言ってました。“あんたと会うのは最後や”

▼君野容疑者の素行

複数の居酒屋で、生活保護受給を示す「福祉カード」を店員に見せ、「ツケで飲ませてくれ」と九州訛りで話す

お酒を飲むと突然騒ぎだし、住民とのけんかやトラブルが絶えなかった

病院で看護師に唐突に結婚を申し込んだり、出会い系サイトで知り合った女性と大量のメールのやりとりをしたり・・・

「俺、創価学会やから、いろいろ手厚いんや。バックには学会があるから怖いもんないで」

君野容疑者を知るという者はみな、「ほんまに学会入ってたんかどうかも怪しいもんや。信仰心なんてなかったんとちゃうか。どこぞの教会で炊き出しと聞けば、酒飲んでても、喜んで飛んで行きよったし」

近隣住民とネコを巡ってトラブルも

ゴミ出しを巡って近所でトラブルになった。指定日に出したり、分別したりすることができず、町内会の人にこっぴどく怒られた。それ以来、彼はゴミ集積所に出さなくなった。どこに捨てていたかというと、アパート裏の雑木林

▼君野容疑者の半生

鹿児島・南九州市出身。10軒ぐらいが点在する山間の集落に、祖母と2人で暮らしていた。親族のひとりがいう。

「父親は酒を飲むと人が変わって、暴れると手が付けられない男だった。康弘が幼い頃からほとんど家におらず、そのうちに失踪。すぐに母親もいなくなったので、ずっと祖母との2人暮らし。康弘をかわいがった祖母も高校の頃に亡くなってしまった」

地元の水産高校を卒業し、21歳から2年間、陸上自衛隊えびの駐屯地(宮崎県)に入隊していた。その後は鹿児島市内の食品配送会社で働くなど、職を転々

1年半ほど前に遺体の発見現場近くに引っ越してきて、近隣住民とたびたびトラブルを起こしていた

“FX取引をやっているが、大きな損を出したので、いまは生活保護に頼って暮らしている”

▼捜査の進捗状況

1 2 3 4





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう