1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

汚部屋は人生ダメにする!【幸せになれる片づけの法則】

汚部屋は心も体にも悪いことだらけ!部屋をキレイにするだけでメリットがたくさんあります。幸せになれる片づけをマスターしましょう。

更新日: 2016年04月11日

mimaniさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6391 お気に入り 2957823 view
お気に入り追加

▼部屋が片付くメリット

片づけは、お金を貯める習慣を身につけるための訓練です。

お金がたまらない人は家にモノがごちゃごちゃあふれていませんか?
部屋がキレイだと持っているモノを把握できるので無駄遣いしなくなります。

部屋が快適になれば、ストレスも減り心もすっきりする

部屋が方づくとスッキリ。
ストレスに強くなるホルモンが分泌されて心も軽くなります。

部屋の空気が綺麗になり健康になる

部屋が汚いとダニやハウスダストが発生して、アレルギーや皮膚炎の原因になります。

部屋を片付けることが結婚の近道

家に遊びに来た時に汚い部屋だと百年の恋も冷めてしまうもの。
また整理整頓がされていると時間にも余裕ができて自分磨きの時間も増えます。
探し物をしていた時間も無くなるので遅刻もしなくなって大人のマナーも守れるように。

▼片づけのポイント

いきなり全部やるのではなく、片づける場所を定めて短時間で済ませる

一気にやろうとすると疲れるし集中力もなくなります。
今日はリビング、明日はキッチンなどやる場所を決めてから始めると良いでしょう。

片付けは前日の夜から始まります。まずは、最低でも6時間、ぐっすりと睡眠をとりましょう。

睡眠不足は判断力を鈍らせます。しっかり寝ているいらないを区別できるようにしましょう。

▼使っていないものは思い切って捨てる!

「一番初めにお洋服。次が本類。書類。小物。そして最後に思い出品」

この順番を守って片づけると成功します。

散らかったモノを手にしたら、その場で「いるいらない」を判断して、どんどんゴミ袋に入れていきます。

悩んだらよく考えます。
1度思い切るとどんどんいらないものを捨てられるようになります。

「まだ使える」「何かに使える」ではなく、「今使っているか」。
「誰かが使える」ではなく、「私が(家族が)使っているか」。

どうしても迷ってしまうものはいつも取り出すところではなく、
別のボックスに入れておいて期限を決めて保管して、それでも使わなかったら思い切って捨てましょう!

■洋服の片づけ

溜まった洋服を減らす目安は、過去2シーズン着ていないモノ。
今の自分に合っていない服も捨てる対象。

一番悩むのが洋服。
一度洋服をすべて出して振り分けましょう。
いつか着るかもという服はもう着ないことが多いです。
まだきれいなものはリサイクルショップなどでも買い取ってくれるので売ってしまいましょう。

1度も着ない服を捨てるのはもったいないと思うかもしれないが、そう思うのなら今度からは必要なものを買って大切に着ようと思えばいい。

新しい服を買ったら1着捨てるなどマイルールを決めて買い物すればものが増えることなく本当に必要かどうか見極められます。

立てて収納すると、洋服のデザインが見やすくなり、引き出しの底の方はしまったままにしてシワがついてしまうことも減りますよ。

同じ色同士や形でまとめたりしてどこに何があるかすぐ分かるようにしておくのがポイント。

丈の長さ順に衣類を並べると、無駄になっていた空間がなくなり、収納スペースが広がります。下の空間に収納ケースを置く時に、有効に使えます。

この時少し隙間を開けておくのがポイント。
風通しが良くなりカビを防げます。

■本棚の片づけ

本や雑誌が並ぶ本棚をすっきり見せて使いやすくするポイントは、本をサイズで分けて、本をひとまとまりにすること。

ブックスタンドやファイルボックスを利用して上下二段に収納するとたくさん入って見やすいです。
あまり読まない本は箱に入れて土台にすると奥の本も見やすくなりますよ。

雑誌は全て捨ててしまいましょう。雑誌の「いつか使うかもしれない」は絶対にありません。溜めてしまうと捨てるのが大変になるだけです。

■書類の整理

DMやチラシなど不要なモノは、その場で処分。

一度目を通して不要なものは全部捨てましょう。

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう