1. まとめトップ

御嶽山噴火で勝間和代氏に非難の声!「大規模噴火は数千年に一度。警戒は無駄」

御嶽山噴火で勝間和代氏に非難の声!事業仕分け人の勝間和代(民主党)「大規模噴火は数千年に一度。警戒は無駄」 という発言の上、火山監視予算を大幅縮小。勝間和代氏はどう責任をとるつもりなのか?今後の言動に注目が集まる。

更新日: 2014年10月04日

8 お気に入り 114573 view
お気に入り追加

2014年9月27日、御嶽山噴火により多大な災害が日本を襲っている。

27日昼前、長野と岐阜の県境にある御嶽山が噴火し、気象庁は27日午後0時36分、「火口周辺警報」を発表して噴火警戒レベルを「入山規制」を示すレベル3に引き上げました

気象庁は9月27日、午前11時53分に岐阜と長野県境にある御嶽山(3067メートル)が噴火したと発表した。現在、噴火警戒レベルがレベル3(入山規制)に引き上げられている。御嶽山の噴火は2007年以来の7年ぶりで、火口から4キロメートル程度の範囲に影響を及ぼす噴火が発生すると予想されている。

御嶽山噴火で事業仕分けで火山監視予算縮小した勝間和代氏に非難の声!

2010年 民主党鳩山内閣
事業仕分け人の勝間和代「大規模噴火は数千年に一度。警戒は無駄」
という発言の上、火山監視予算を大幅縮小。

御嶽山は、噴火予測のための観測強化の対象から外される (79、91、07年にも小規模な噴火を繰り返しているのに) 木股教授「これでは活火山の監視をやめるに等しい」

2014年9月27日 御嶽山が噴火
噴火予測できず、突然の噴火に見舞われて多数の登山客が犠牲に!

民主党政権時代の勝間和代氏による事業仕訳の映像がこちら

ここで勝間和代氏の経歴を確認してみよう。

勝間 和代(かつま かずよ、1968年〈昭和43年〉12月14日 - )は、日本の著述家、評論家。学位はファイナンス修士(専門職)(早稲田大学)。株式会社監査と分析取締役(共同パートナー)、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。

東京都葛飾区生まれ。葛飾区立住吉小学校、慶應義塾中等部、慶應義塾女子高等学校を経て慶應義塾大学商学部卒業。早稲田大学大学院ファイナンス研究科専門職学位課程を修了し、ファイナンス修士(専門職)の学位を取得。須田一幸教授のゼミに参加した。

アーサー・アンダーセン - 会計士補・会計士として在籍。ケミカル銀行(現在のJPモルガン・チェース金利トレーダーとして在籍。マッキンゼー経営コンサルタントとして在籍。JPモルガン証券証券アナリストとして在籍。その後、民主党事業仕訳に参加。

御嶽山噴火で事業仕訳で火山監視予算縮小した勝間和代氏に非難の声!

【民主党・事業仕分け】勝間和代「 大規模噴火は数千年に一度。警戒は無駄 !」→予算没収→大噴火 fox.2ch.net/test/read.cgi/…

勝間和代氏もきっとノーコメントか苦しい言い訳するんだろうなあ

民主党政権時代の2010年の事業仕分けにて、2010年 事業仕分けにて、 仕分け人の勝間和代「大規模噴火は数千年に一度。警戒は無駄」 ということで、1979、1991、2007年にも小規模な噴火を繰り返しているにも関わらず、御嶽山は、噴火予測のための観測強化の対象から外された。

仕分けで「大規模噴火は数千年に一度。警戒は無駄」って言っていた勝間和代さん。ゲームしてらっしゃる。p.twpl.jp/show/orig/JxwQX

民主党の事業仕分けで勝間和代ほかの発言で御嶽山が火山予知の対象から外されたのは明らかにされた。では、自公政権に戻ってどういう検討がされたのか。政権交代から2年過ぎようとしているのだから、そこは冷静に見極めたい。

勝間和代氏はどのように責任を取るつもりなのか?今後の動向に注目が集まる。

今回の御岳の噴火は天災だけど、被害者が出たのは人災だから! 文句がある奴は2010年の鳩山内閣と勝間和代を怨めばいいさ。

@beanq0916 勝間和代「数千年に一度しか大規模噴火は起こらないのに、なぜ24時間見張らないといけないのか」 蓮呆「津波なんて実際来るまでの時間で逃げればいい」 あきれ返った発言ですね、どちらも。

なーんか勝間和代やら民主党やら、タラレバな感じの話しでしかないじゃん。無駄もいいところ。

遺族の方はこいつら訴えていい「大規模噴火は数千年に一度。警戒は無駄」勝間和代氏ら「仕分け人」から厳しい指摘が相次いだ。 しかも、91年、07年にも小規模な噴火を繰り返している御岳山でさえ、 観測強化の対象からはずされた。#御嶽山噴火 p.twipple.jp/JxwQX

関連まとめ

1





クオリティ重視で役立つ情報
気になる情報をまとめています。

宜しくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう