1. まとめトップ
  2. ガールズ

逆転の発想!シャンプー前のリンスやトリートメントで髪がもっとサラサラになるらしい

リンスやコンディショナー、トリートメントって普通はシャンプーの後ですよね?でもシャンプー前にすると普段の順番よりも髪がサラサラになるらしい。ワックスやハードスプレーをした後シャンプーでは取れにくいですがこの方法で解決!リンス、コンディショナー、トリートメントの役割やシャンプー前にするコツを紹介

更新日: 2016年04月01日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1234 お気に入り 298890 view
お気に入り追加

▼知ってる?リンス、コンディショナー、トリートメントそれぞれの効果と役割

髪の表面を油分でカバーし、シャンプーの後の髪のきしみを防いで、手ざわりをよくすることができる。また、髪の水分の蒸発をおさえることができる。

リンスの役割は髪の静電気防止や手触りを柔らかくすることです。その効果は髪の表面のみで、あくまでもダメージを防止する程度

メーカーによってはコンディショナーという呼び名で販売しているものもありますが、どちらも役割は同じです。

トリートメントとは、コルテックスと呼ばれる毛髪の内側部分に栄養成分を届け、髪のダメージを修復する役割を果たしています。
スキンケアでの美容液のような役割と考えてもらうと分かりやすいかもしれません。リンスは髪の外側を保護し、トリートメントは髪の内側に働きかけてダメージを修復する、と捉えると2つの違いがわかりやすい

▼え!?シャンプー前にリンスやトリートメントでサラサラになる?

そんな使い方あり!?

イギリスで話題になっている”シャンプー前のコンディショナー”のやり方

シャンプー前につけてしまっては、汚れで髪に浸透しないような気がするけど…。実は逆で浸透力がアップするそうです

ドライヤーでいつものように乾かした後も髪がごわごわとすることがない。それ以上に、スルスルとなめらかな指どおりで、髪のサラサラ感や「軽さ」が違う

▼順番を逆にするだけでなぜ美髪になるのか?

コンディショナーを先につけることで、傷んだ部分が修復される。続いて、シャンプーを使うことで、外部との接触で蓄積した髪の汚れを落とすと同時に、過剰なトリートメント成分をも洗い流してくれる。

シャンプー中に濡れた髪をゴシゴシとこする動作は髪の毛を傷めやすいため、シャンプー前にしっかり傷んだ部分をカバーしてあげられるのです

この考え方は、ヘアオイルなどを使ってシャンプー前に頭皮をマッサージしたり、毛先をケアした後にシャンプーをするという方法と同じこと。髪がシャンプーでキシキシすることもなく、髪のボリュームも適度に抑えられ、まとまりやすいヘアになります。

▼ハード系のスタイリング剤やワックスもしっかり落としてくれる

ワックスが落ちにくいときは、シャンプーする前に、まずはお湯でしっかりと髪をすすぐことをおすすめします。髪を揉むようにすすぐと効果的ですよ。それでも落ちにくい場合は、お湯ですすいだ後にコンディショナーを一度髪になじませて洗い流すと良い

コンディショナーに含まれる油分がワックスの油分になじみ、一緒に洗い流れてくれます。コンディショナーをしっかり洗い流した後にシャンプーをしましょう

▼シャンプー前にリンスやトリートメントのやり方やコツ

【シャンプー前コンディショナーの手順】
1)整髪料を乳化するために、コンディショナーをよくもみ込んで洗い流す
2)シャンプーで頭皮をマッサージしながら洗う
3)トリートメントを毛先中心にもみ込む(余裕があれば)
4)普段どおりコンディショナーをし、洗い流す

コンディショナーはしっかりと洗い流さないと、シャンプーの泡立ちが悪くて洗った感じがしない

リンス(トリートメント)で特に注意が必要な点は、絶対に直接頭皮にはつけないということです。リンスやトリートメントの油分は毛穴つまりを招きトラブルを引き起こす可能性もある

1





aqua38さん

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう