1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

何がどれだけ必要?意外と知らない「バランスの良い食事」のこと

健康的な食生活の基本は「バランスの良い食事」を心掛けると言うもの。でも、主食・副菜・主菜・乳製品・果物の5つのグループをどのくらい摂取すれば良いか、意外と難しいですよね。そんな時、ちょっと心掛けておきたい食事法をまとめてみました。

更新日: 2015年08月27日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
608 お気に入り 282723 view
お気に入り追加

食生活、見直した方がいいかも・・・。

最近の食生活は量も多いけど、特に炭水化物を食べ過ぎてる。一時期より間食も多いし。ちょっと見直さないといかんね。

▼健康的な食生活の基本は「バランスの良い食事」

健康的な食生活の基本は「バランスの良い食事」を
心掛けると言うもの。
でも、主食・副菜・主菜・乳製品・果物の5つのグループをどのくらい摂取すれば良いか、意外と難しいですよね。

健康的な食生活を営むうえで、もっともたいせつなのは、すべての栄養素をバランスよく摂取すること

▼バランスが良い、悪いって分かるの?バランスの良い食事って何?

身体のためにも、健康な生活を送るためにも、食事には気をつけたいもの。
頭では分かっているけれど、実際、栄養の計算なんて分からないし、何をもって「バランスが良い・悪い」と言うのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

エネルギーが適切で、必要な栄養素が適量含まれている食事が
バランスの良い食事ということ

いろいろな食材を使うこと、調理法が重ならないようにすること

▼実際、何をどれくらい食べれば適量なの?

ついつい食べ過ぎてしまう秋。
適量と言うのは難しい・・・。

いろんな種類の食品をまんべんなく少しずつ食べること。1日20~30品目を目標に、種類を多く、ゆっくり噛んで、腹8分位にすること

ごはんを主食としてしっかり食べ、魚や肉、野菜・果物、海藻、豆類などを使った一汁二菜という食べ方

食べすぎや早食い、飲みすぎなどは、内臓脂肪蓄積の大きな要因

▼出来るだけ多くの食品を摂る。目標は30品目。

現在、厚生労働省の指導では、1日に30品目程度の食品を摂取することが健康的食生活の目標としています。
インスタントラーメンやファーストフードなどの食生活の欧米化を食い止めたいと言うこともあり、30品目に制定されたようです。

料理の素材として使用する食品の数として、1日30食品を目標とすれば、自然に必要な栄養素をバランスよく取ることができる

30品目とは30食品ということで、「1日に30個の食品を食べましょう」という意味です。

数多くの食品をとれば、ある食品に体によくない成分が含まれていたとしても、ほかの食品の成分が、その害を防止してくれる

「バランスの良い食事」は、こうして摂ろう!

30品目と言うと、意外と多く感じれますが、煮物などの和食にすれば意外と簡単に摂ることが出来ます。

食生活を和食にすれば健康的な食生活を送ることができる

主食・主菜・副菜をそろえるだけでかなり良い食事になります。

1 2

関連まとめ





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう