1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

登山からアウトドアまで幅広く使えるオススメの”腕時計”を厳選してみた!

アウトドアスタイルがファッションの一部として認知されている昨今。本格仕様なんだけどカワイイ『アウトドアにぴったりの時計』から目が離せないのです!

更新日: 2014年10月01日

outdoor_loveさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
223 お気に入り 600486 view
お気に入り追加

山で役立つアウトドアウォッチと言えばこれ!SUUNTO(スント)『VECTOR』

高度計測・気圧計測・温度計測
気圧・温度差計測機能
コンパス・他
バックライト機能付き
価格:27000円(税抜き)

メーカー:SUUNTO(スント)
http://www.suunto.jp/ja-JP/

1998年の発売以来、全世界で300万台以上の販売実績をもつスント「VECTOR」は、フィンランドのスポーツコンピューターメーカー”スント”が、世界トップシェアを誇るダイビングコンピューターの技術を生かして開発したアウトドアスポーツウォッチです。高度計、気圧/温度計、電子コンパスなど、アウトドアスポーツに役立つ機能を装備しながら、丸みを帯びたやさしい北欧デザインが特徴的なスントのベストセラーモデルです。

スントはアウトドアに必要な機能はもちろん【見た目・デザイン】も非常にこだわっており、アウトドア好きの方・キャンパーの方々以外にも「カジュアルな時計」としても若い方々からも絶大の人気を得ています。なので男性はもちろん、女性にもスント好きの方は多いようです。

見た目ばかりじゃない!使い勝手の良さも人気の理由!

もし氷河登山の途上でバッテリーレベル低下サインが出たらどうしますか?いったん下山して町の時計屋を探しますか?スントベクターならコイン1枚でその場で電池交換ができます。アウトドアの現場で激しく傷だらけにしながら10年使う時計、紫外線劣化でボディが割れたら、また同じものを買う。これがスントベクターの使い方だと思います。

正直ここまで機能があっても普段の生活では使いませんが、そこをカバーしてるのが何と言っても着け心地の良さ。これが良い腕時計というわかりやすい提示になったんですね。

航空機や船舶用の気圧計・高度計などの計器を手がけるドイツの老舗メーカーが世に送り出す!バリゴ『E7(イーセブン)』

気圧計
高度計
コンパス
価格:¥23000(税抜)

メーカー:バリゴ
http://www.barigo.de/index_en.html
輸入元:イワタニ・プリムス
http://www.iwatani-primus.co.jp/products/barigo/index.html

フィールドで視認性の高い大型レンズを採用した多機能リストウオッチ。時計画面から高度計、気圧計、コンパスモードにワンボタンでアクセスできる機能的モデルです。山行の累計上昇高度を記録できるログ機能、頂上到達時間の記録を残すポイントメモリーの機能を搭載しています。

届いてみての第一印象は「堅牢」です。確かにおしゃれ度は確かにsuuntoの方が上かもしれませんが、ごつさ・存在感はこちらが圧倒します。男の左手にビシッ!と決まる感じです。大きな液晶を活用して必要最低限の情報を大きな文字ではっきり見せ、アウトドアウォッチの中では最も視認性が高いのではないでしょうか。

SUUNTOによく似てるんだけど・・・

バリゴはドイツにある気圧計・湿度計・高度計の専門メーカーです。スントはフィンランドにあるコンパスメーカーです。

プロの登山家も愛用!カシオ『プロトレック PRW-6000Y』

10気圧防水
タフソーラー(ソーラー充電システム)
方位計測機能
気圧計測機能
高度計測機能
温度計測機能
耐低温仕様(-10℃)
価格:64000円(税抜き)

メーカー:カシオ
http://protrek.jp/

『PRW-6000Y』は「自然を感知するアウトドアギア」としての機能性を強化するとともに、視認性や操作性、装着性も高めることで、使い心地の良さを徹底的に追求した“PRO TREK”です。

情報を直感的に把握できるアナログ表示で時間、方位、高度差、気圧傾向を表示。数値データはデジタルで表示し、デジタルとアナログのメリットを組み合わせました。また、感覚的な操作を可能にする誤作動防止のクイックロック機構付き電子式リューズスイッチを採用。引いたり回したりという直感的な操作で、簡単にアナログ/デジタルの各モードをセットできます。

実によくできています。アウトドア派向けの多機能腕時計の最有力です。機能の切り替えもわかりやすくとても使いやすいです。そして何より軽くて堅牢な作り。アウトドア派には超おすすめです。

アウトドアに必須の4つの情報「高度/気圧/温度/方位」を一目で確認できる!タイメックス『Expedition WS4』

高度計/気圧計/温度計/コンパス
天気予報機能
価格:33000円(税抜き)

メーカー:タイメックス
http://www.timexwatch.jp/

★注意★
今シーズンのカタログには掲載されていないようですが、ネットショッピングではまだまだ買えるようなのでお見逃しなく!

サイズはかなりデカイですが、そのぶん視認性は抜群。ほかメーカ、たとえばスントのようにモードを切り替えることなく、ディスプレイに「時間」「天気」「気温」「年月日」が同時に表示されるので便利です。見た目が独特で、とにかく付けているだけで楽しいです。

冒険家”三浦豪太”氏監修により開発された登山用ソーラーデジタルウオッチ!SEIKO『アルピニスト』

方位計測機能
登山データ記録機能
気圧計測機能
温度計測機能
高度計測機能
価格:27000円(税抜き)

メーカー:SEIKO(セイコー)
http://www.seiko-watch.co.jp/prospex/

より快適に使うために、冒険家の三浦豪太氏の経験やアドバイスを機能面やデザイン面に反映。装備に引っかかることの少ない滑らかな形状や、誤押しを防ぐボタン設計など、実際に使う現場での使いやすさや表示の見易さを盛り込みました。

また高度計モードでは、同時に「登高スピード」を表示。「登高スピード」とは1時間あたりに移動する高度差のこと。これを知ることで予定時間内に到達可能か判断できるばかりでなく、過度の疲労の原因となるオーバーペースも防ぐことができる。さらに、過去の登山データを最大15件まで記録する機能まで搭載された「山」に必携のアイテムなのだ。

1 2





outdoor_loveさん

アウトドア全般を中心にまとめていきたいと思いますので、アウトドア好きの方はお気に入りの登録宜しくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう