1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ウクライナ停戦が守られていない!? 親ロ分離派と再び衝突

ウクライナでは政府と親ロ分離派と約4か月半におよぶ戦闘が続いていましたが、9月5日停戦合意が行なわれ、停戦で合意した後も、停戦合意の後もウクライナ東部では散発的なレーニン像を破壊する抗議や東部で戦闘が起きている。

更新日: 2014年09月30日

sun3355さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 6143 view
お気に入り追加

9月5日に停戦合意したんじゃ・・・

5日の停戦合意後、東部での衝突は減っており、これまでに1千人を超える捕虜が解放された。

ただ、双方共に停戦命令に従わない民兵を抱えており、一部地域では散発的な戦闘が続いている。

ドネツクの市当局によると空港付近では29日も軍と親ロ派の間で銃撃戦が発生し、緊張が高まっている。

27日には市内でも一般市民1人が砲撃によって犠牲になった。

停戦合意の後も散発的な戦闘が起きている

国連によりますと、ウクライナでは政府と親ロシア派との4か月半におよぶ戦闘で、市民を含む3000人以上が犠牲になり、今月5日に停戦で合意した後も、東部で散発的な戦闘が続いています。

ウクライナと親ロシア分離派の間で停戦合意が成立してから3週間半、再び両者が衝突した。6カ月間にわたる紛争の長期的な解決に向けた努力が損なわれた。

リセンコ報道官は29日、キエフで記者団に対し、「停戦合意にもかかわらず、テロリストとロシアの雇い兵はウクライナに攻撃を加え続けている」と述べた。

28日夜、記念碑「レーニン像」引き倒し破壊

出典img.vz.ru

民族主義派が旧ソ連時代を象徴するレーニン像を引き倒し、破壊するなどしており、かなり強硬なスタンスを取っている。

レーニン像を、首にロープをかけて引き倒し、地面に落ちた像をハンマーでたたき壊した。

出典pp.vk.me

デモ隊は破壊されたレーニン像を背景に写真撮影した。

ウクライナ東部ハリコフ市中心部で28日夜、民族主義派がデモを行い、旧ソ連の象徴の革命家レーニン像を引き倒した。

現地からの報道によると、広場には多くの人が集まり、「ウクライナに栄光を」と声を上げながらレーニン像にかけたロープを引っ張って倒した。

像が台座から落ちる瞬間には、大きな歓声が上がった。

像にロープをかけて引き倒し、その後は台座の上に登って歓声を上げた。

ハリコフ州は親露派と政権による戦闘が激化したドネツク、ルガンスク両州に隣接している。

出典pp.vk.me

ウクライナにはソ連時代に建てられた「レーニン像」が多数点在しており、破壊は親ロシア派武装勢力による分離や独立の動きに抗議するもの。

去年ウクライナの首都キエフで反政府派がレーニン像を破壊していた。

ウクライナの首都キエフで、反政府派が大規模なデモを実施し、中心部の独立広場に建つレーニン像を倒すなどして気勢を上げた。

もちろん、こうした反応は、レーニン個人への愛情に起因するものではない。

ウクライナのナショナリストたちは、憎悪に駆られるあまり、自分たちがその像を倒したレーニンがウクライナの「ホロドモール」を企てたのではないことを失念している。

同国では、親ロシア派のヤヌコビッチ大統領が欧州連合(EU)との関係強化に向けた協定の締結を見送ったことをきっかけに、大統領の退陣を求める激しいデモが発生の影響

停戦合意の後も散発的な戦闘が起きているが、西部では平和を願っている

ウクライナ西部の映像、ちょうちんを一斉に夜空に上がる光景は圧巻ですね。

ウクライナ西部の都市フメリヌィーツィクィイでは27日、ウクライナ国民が心から平和を願っていることを世界中の人に知ってもらおうと、市民が1万9000個のちょうちんを一斉に夜空に飛ばしました。

1万9000個は一斉に空に放たれた提灯としては最も多く、「ギネス世界記録に認定されることになった」と現地メディアが伝えている。

1





sun3355さん



  • 話題の動画をまとめよう