1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

なにこの非日常感…ライティングした観葉植物がキレイ

部屋にあるだけでちょっとオシャレになった気がする観葉植物ですが、間接照明でライティングすると、もっとオシャレになりました。壁や天井に映った葉っぱの影が、幻想的で非日常感を味わえる癒し空間にしてくれます。

更新日: 2014年10月12日

720 お気に入り 113374 view
お気に入り追加

そのままでも十分に癒し効果がある観葉植物ですが…。

間接照明で下から照らすとすごく綺麗でした

PIANTA×STANZAというブランドが発売した照明付き植木鉢。天井に映った影が綺麗です。

夜のリラックス時間に眺めてると癒されそう。

植える植物によって雰囲気がいろいろ変わっています。

これは、部屋の天井や壁に映る植物の影をプラネタリウムに見立てた「フォレスタリウム」というインテリア

プランター底面部分に内蔵されたLED電球が、植物を照らしています。

寝る前の15分間、頭を空にして天井の木陰を眺めるとリラックスして良い睡眠が得られるらしい

小さめなサイズなら一人暮らしでも置けそう。

「観葉植物×アップライティング」は良いこと尽くめ

昼と夜でぜんぜん雰囲気が違う!

自然界では下から上へと光が当たることはありえないので、非日常的、かつ幻想的な雰囲気が生まれる

リラックス感がアップするだけでなく、さらに部屋に立体感を生むことが出来る

自作でも簡単にできるようです!!

観葉植物とクリップライトがあればできるらしい。

クリップライトを植木鉢の縁に取り付けて下から照らすだけでOK

ただし、観葉植物に照明器具を近づけ過ぎないように注意

照明の熱で植物が傷んでしまうそうです。

こちらがクリップライトで照らしている観葉植物です。

スタンド型照明でも、位置を工夫すれば下からライティングできそうです。

ちなみに「観葉植物×ペンダントランプ」だと部屋中が幻想的に

こちらはDI CLASSEというブランドの照明です。

壁一面に葉っぱの影が映っていて、雰囲気バツグンです。

ランプ自体も緑がいっぱいで綺麗です。

灯りをつけると葉と葉の間から、木漏れ日のように光が漏れだし、壁に幻想的な影を映し出す

スタンド型もあるそうです。一人暮らしならコチラのほうが置きやすそうです。

1





じゅんたむさん

カワイイは正義!



  • 話題の動画をまとめよう