1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

なんでも「妖怪のせい」にする子どもが増えているみたい

いまや空前の妖怪ブームを巻き起こしているアニメ・妖怪ウォッチがキッカケで、なんでも「妖怪のせい」にしてしまう子どもが増殖中なんだとか。この状況に、世間の親御さんも気が気じゃないみたいです。

更新日: 2014年09月30日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
106 お気に入り 186112 view
お気に入り追加

■子ども達のあいだで空前のブームを巻き起こしている妖怪ウォッチ

テレビアニメ、ゲーム、関連グッズ...その人気はまさにブームという言葉が相応しいほどの人気ぶりを見せています。

先日、甥と会ったのですが妖怪ウォッチについて熱く語っておりました(苦笑) そんなに人気があるんだね❤

■そんなブーム一抹の不安を抱える親が増えている

なんと、何か不都合があると「妖怪のせい」にする子どもが増えているというのです。

おもちゃを片付けないことや野菜を嫌うことを「妖怪のせいだよ」と言い返してくる

「宿題したくない」のも「忘れ物が多い」のも「やる気がでない」のも妖怪のせい…

■その理由は妖怪ウォッチの世界観に関係していた

「妖怪が悪さをする」という前提で進行していくストーリーで進んで行く物語なので、子どもたちは本気で言っているわけではなく、あくまでモノマネ的なノリで使っている場合が多いようですが...

テーマソング「ようかい体操第一」に、「寝坊した」「イケメンなのに振られた」「ウンチが臭い」ことは「妖怪のせい」などという歌詞がある

子供達が「何でも妖怪のせい」にしてしまうのもアニメを観たらよくわかる

■これには頭を痛める親も多いようで...

子供にとっては、自分の都合の悪い時に言い返す格好の“口実”に

面白がってまねしているのは分かっていても、ついいらっとしてしまう

■子どもの将来を心配する声も

分別のつけられない子どもが、そのまま大きくなってしまったら...といった不安を抱える親御さんもいるようです。

妖怪のせいだっていつまでも反省しないと妖怪ウォッチじゃなくて将来ボッチになるから・・・

子どものうちから「誰かのせい」ということにして自分を守っていると、前向きな正しい努力から逃げる人間になってしまうかもしれない

その思考習慣を親や大人たちが放置しておくと、いずれ「友達のせい」にし、「学校のせい」にとエスカレートしていくように

■一部には良識を持った子どももいるようです

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう