1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

新生児(赤ちゃん)の育児に大切なケア方法とは?!

新生児の育児に必要なケア方法をまとめています。

更新日: 2016年06月29日

babygrowthさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
286 お気に入り 533938 view
お気に入り追加

赤ちゃん

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。

新生児

新生児とは、産んで生日を0日と数えた場合に、生後0日から28日未満の児のことである。ちなみに生後7日未満の児のことを早期新生児という。 この定義は、(一応は)早産児や未熟児の場合にもそのまま適用される。

新生児に必要なケア

そばにいる

赤ちゃん時代はお母さんといっしょに過ごすこと”の大切さが、科学的にもわかってきたのです

泣いている赤ちゃんをお母さんのそばにおいて寝かせるだけで、ピタッと泣きやむことがあります。

スキンシップ

生後6ヵ月までにママからの愛情をたっぷりもらった赤ちゃんは、扁桃体を中心とした大脳辺縁系の神経がうまく育つことがわかっています。

スキンシップは、赤ちゃんの成長や知能の発達を促進し、親子の絆を深めることがわかってきています。

抱っこして、笑顔で接すること。もちろん心から接することが大事です。

授乳

母乳によって子供はお母さんから免疫グロブリンというタンパクを授かります。

母乳の重要な役割は、親子の愛情と赤ちゃんの心を育てるということです。

お母さんと赤ちゃんがお互いの肌のぬくもりを感じながら行う授乳は、親子の絆を強め、お互いの情緒的安定をもたらします。

赤ちゃんが生まれて初めて獲得したお母さんの常在菌が、毛穴の奥に定着して異常な菌の侵入をガードし、終生変わらないと言われています。

赤ちゃんが生まれてからの月数に合わせて自然に調節され、その時期の赤ちゃんに特に必要な栄養素を多く含み、濃さも変わっていく

1 2 3





赤ちゃん、子供の成長や生活に関連することをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう