1. まとめトップ
  2. 雑学

ラーメンや麺類に欠かせない!?大人気の九条ねぎにまつわる「九」ヶ「条」

大好きな九条ねぎ。九条ねぎだけに「九」ヶ「条」にまとめてみました。

更新日: 2014年10月02日

maenomaeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
33 お気に入り 21282 view
お気に入り追加

巷で九条ねぎが大人気。特に麺類。

九条ねぎマシマシダブル中華そば食いたプラス大ライス

やっぱり豚骨ラーメンと九条ねぎのコンビは最高! 今度帰った時は石川家or津気屋行きたい。

最近では、「ねぎ増量 +50円」のお店が増えていて、市民権を得ているイメージがあります。

そんな九条ネギの意外と知らない魅力と豆知識を「九」ヶ「条」でまとめてみたいと思います!

1.実は大阪生まれ

もともとは(大阪)難波に自生していたネギが原種と言われる

「ミナミの帝王」でおなじみ、ミナミ(難波)生まれだとか。。。

めっちゃ好きやねん九条ねぎ

2.京都以外でつくっても「九条ねぎ」

京都でなくても「九条」は名乗れる!

同じ種を使えば、京都府以外の栽培でも「九条ねぎ」との名称を用いても問題ない。「京の伝統野菜」(JA京都市・全農が商標登録)という場合は、府内で栽培された物のみを指す。

現在の主な産地は九条の南、十条となっている

もともとは京都市南区九条地区が主産地だったのが、「生粋の九条ねぎ」はなかなか存在しないようです。

十条でつくっても「十条ねぎ」とならないんですね。

3.九条ねぎは2種類ある

色が濃く太めの太ねぎ(黒種)と浅黄色でやや細く、株分かれしやすい細ねぎ(浅黄色種)がある

確かに、スーパーなんかでも「どれが九条ねぎ?」って思ってしまいます

ラーメンはこっちですよね!

4.旬は1月から2月の寒い時期

九条葱は季節とともに葱の様子や味も移り変わります。春はやわらかく、夏から秋はピリット辛味が楽しめます。
また旬は1月から2月の寒い時期です。この時期には九条葱特有の「ぬめり」があり一層甘みが増します。

野菜は細胞内にため込んできた、でんぷんを糖に変え、凍結に対抗しようとします

冬の野菜は寒さに対抗するために、糖度が増すので甘くなります

5.関東の主流のねぎに比べて、緑の部分が多い

関東では白い部分が多い根深ねぎ、関西では緑の多い葉ネギ(九条ねぎ)が主流

「葉ネギ」はカロテンやビタミンCを多く含み、緑黄色野菜に分類される健康野菜

「葉ネギ」の主流はもちろん、九条ねぎです!

6.食欲増進効果がある

硫化アリルがビタミンB1の吸収を高め、食欲を増進する

確かに、ネギの乗ってる食べ物って、がつがついけちゃいます

7.「九条ねぎ」のゆるキャラがいる

どんなキャラクターかというと・・・?

やっぱり口調は「~~ネギね!」でしょうか。

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう