1. まとめトップ
  2. カラダ

その症状大丈夫?もしかして適応障害かも「適応障害」ってどんな病気なの?

最近、いつもと違う…この症状大丈夫?もしかして適応障害かもって思っても病院に行く勇気がない。適応障害ってどんな病気なのかいまいちわからない…など、どんな性格の人がなりやすいのか、どんな予防があるのかなど適応障害についてまとめてみました。

更新日: 2014年10月04日

JellYさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
274 お気に入り 228932 view
お気に入り追加

●適応障害とは

適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。

ストレス因子により、日常生活や社会生活、職業・学業的機能において著しい障害がおき、一般的な社会生活ができなくなるストレス障害である。

原因となるストレスがはっきりしていて、他の心の病気(うつ病や神経症など)がない場合適応障害と診断されます。

●適応障害の症状は

抑うつ気分、涙もろさ、希望のなさなどの症状

遅刻、欠勤、早退、過剰飲酒、ギャンブル中毒など。対人関係や社会的機能が不良となり、仕事に支障をきたしたり、 引きこもり状態になったりすることがあります。

●適応障害になりやすい性格は

「過剰な生真面目さ」でしょう。ひと言では言い表せない部分ではありますが、やるべきことや趣味でも何にでも強いこだわりを見せる傾向がある、というイメージ。

相談や支援してくれる人がいなかったり、孤立した環境であったり、多忙な環境であったりするなど、周囲からのサポートが得られにくい状況の方は適応障害になりやすい。

責任感が強く、頑固で心配性、几帳面、完ぺき主義、真面目で手抜きをしない、という性格の人は適応障害などといった精神疾患にかかりやすい。

●もしかして…と思ったら放置しないでチェックが大切

「自分は心の病気なんじゃないか……」と思ったら、精神神経科や心療内科を訪れてみましょう。

診断チェックはここ1週間の自分自身の状態を数値で測定して客観的に無料で社会不安障害の傾向をチェックすることが出来ます。

状況をチェックして一つでも該当するのでしたら専門医に見てもらうことを強くお勧めします。もし適応障害でなければそれで良し。そうでないなら適切な処置をすれば深刻な状況にならずに済みます。

■適応障害にならないための予防策は

適応障害の予防には、ストレスに対処する方法を身につけることがポイント。

頑張りすぎないことが、適応障害にならないための予防策。

「適応障害」等にならないように「ストレス・コーピングレパートリー」を増やして、上手く「ストレス」と付き合える様になりましょう。

1





JellYさん



  • 話題の動画をまとめよう