1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ビッグダディ宅が全焼...でも近隣住宅のもらい火は賠償されないらしい

ビッグダディこと林下清志さんの自宅が全焼する火事が発生しました。この火災による死傷者はいまのところ確認されていません。

更新日: 2014年10月06日

65 お気に入り 364045 view
お気に入り追加

・ビッグダディの自宅兼店舗が全焼

ビッグダディこと林下清志の岩手・盛岡市内の自宅兼店舗の「ほねつぎ盛岡屋」(木造2階建約110平方メートル)が5日、全焼した

当時は宿泊に来ていた知人男性を含めて4人が就寝していたが、いずれも火事に気づいて屋外に避難し、無事だった

・火の手はおさまらず現場は一時騒然となった

建物からは大量の黒煙が立ち上り、その煙は遠くからでも目視で確認できるほど

「ほねつぎ盛岡屋」は盛岡駅近くの繁華街に位置し、火の勢いはおさまらず煙も充満するなど現場は一時騒然となった

・ダディは出火の数時間前にツイッターを更新していた

男って奴ぁ、仕方ない生き物ですな。 おやすみなさい!

火災発生前のビッグダディのツイート。これ以降、ダディのツイッターは更新されていない。

・隣接するアパートにも被害が及んだ

木造2階建て約110平方メートルが全焼したほか、隣接するアパート2棟の壁などが焼けた

・出火当日の5日夜、ビッグダディがブログで出火原因を明かした

原因について「壁の中の電線の破損が原因ではないかという、各関係機関の一致した見解を御説明頂きました」と報告

「我が家の家族を心配して頂きました方々に、全員が負傷することもなく無事健在であることを御報告致します。この度は、誠に申し訳ありませんでした」と改めて謝罪の言葉でブログを結んでいる

・今回のように、近隣住宅に火災被害が及んだ場合の賠償ってどうなるの?

隣家からのもらい火で自宅が全焼してしまったとき、日本の法律では原則として相手に損害賠償を求めることができません

日本では【失火責任法】という法律で、隣近所の家庭に燃え移ったとしても、出火元の家主は責任を負わなくてもよいとされているの

逆に言えば、隣家から出火し、自分の家に燃え広がったとしても、隣家からは基本的に補償はないということ

・「失火責任法」とは

失火の場合は、重過失や故意がある場合に限って不法行為責任を負うものとされ、軽過失の場合は免責されるとされています

1 2





ますたんぐごーさん

私のつくったまとめが、世界のどこかで誰かのお役にたてれば本望です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう