1. まとめトップ

東京都内・都心近郊でトランポリンを楽しめる・トランポリン教室のある施設まとめ

近年有名になってきました、空中遊泳感覚の楽しいトランポリンという種目について、まだまだ楽しめる場所は少ないのですが、東京都内でフリー利用や、トランポリン教室を楽しめるところのリストをまとめてみました。

更新日: 2016年09月24日

moepapaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
34 お気に入り 203066 view
お気に入り追加

トランポリンとは

トランポリンとは、まだまだ日本では珍しいスポーツではありますが、徐々に競技人口も増えつつあり、紹介します。

トランポリン(Trampoline)は、四角、もしくは丸型の枠に伸縮性のある丈夫な布を張り渡しゴム・ケーブルまたはスプリングで固定した運動器具。この上で人が跳躍をくり返すと反発力により、トランポリンを使用しない時の数倍もの高さにジャンプすることが可能となる。

起源は中世のサーカスだといわれているが、スポーツとして普及したのは1930年代以降、日本に紹介されたのは1959年(昭和34年)である。今ではレクリエーションに、競技に、エクササイズに、他の運動種目のトレーニング用に、と幅広く活用され楽しまれている。オリンピックでもトランポリン競技が2000年シドニーオリンピック大会から正式種目となっている。

練習してけば、こんなスーパープレイも!!!もちろん初心者からこんなことはしませんが。

練習場も徐々に

トランポリンは、ある程度の天井の高さ、周りでスポッターマットを構えたりする面積。そもそもの台を広げられる広さ、と、設置にはかなりの制約があります。
大きい体育館ならばほぼ条件をクリアできますが、他ではみな工夫して場所を確保しています。

都心には、トランポリンがあって、料金を払えば自由に飛べるタイプのトランポリン場と、クラブチーム等が管理していて、初心者でも教えてくれるトランポリン教室を開いているタイプとがあります。本まとめでは、トランポリンに興味がある方にとにかく役立つように、双方のスタイルの場所をご紹介します。

テン・フォーティー

立派な競技用規格のラージトランポリン台も2台、ミドル台も2台、と4台完備。
不足した場合には出せるような予備の台もあります。

お子さん向けのプログラムも充実
小さい内から育てると素養がつくので、早い内からの練習は大事です。

月会費制で通う子供用教室や、回数券型の大人の教室などがあります。レッスンは定休日の木曜以外、ふんだんにスケジューリングされていますので、参加できる時に参加すればいいスタイルです。

社会人の大人でも、十分に参加できます。

自身の演技、姿勢の見直しや、コーチの指導のために、撮影・遅延再生している動画を常時公開。
※常時録画していて、1分前の撮影動画を撮影しつつ常時再生もすること

足立区の鹿浜のあたりにあり、主なアクセスは、車か、鹿浜八丁目のバス停までバス、舎人ライナーで谷在家駅まで、などです。
若干電車等では不便なのだけが難点です。

トランポランド

日本では珍しい、巨大なフレームでつながれた、トランポリンパークを設置しています。国内導入初とか。

オープン当初は無かったが、盛況に伴いトランポリンサイドに二階席を増築、写真のような子供も遊べるボールプールや、男女更衣室などが設置されていて、準備体操スペースも確保。

都営三田線 板橋区役所前駅から徒歩4分
東武東上線 下板橋駅から徒歩6分
JR埼京線 板橋駅から徒歩10分
と近隣の駅からのアクセスもよく、便利です。

トランポリンパークを利用した数々のパフォーマンス。
すごいパフォーマンスです。

大泉スワロー

1 2 3





パソコン大好きシステムエンジニア。普段はパソコンを自作したり、ウェブサイト・ブログ作成をしつつ、トランポリン、ホットヨガ、体操、ジョギング等の運動をしている日々。



  • 話題の動画をまとめよう