1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

隠すのではなく、他人に教えた方がいい理由…あなたの成長に繋がる

どの組織でも「教えるタイプ」と「教えないタイプ」の人がいます。例えば、技術者であれば、自分が時間をかけて学んだことを簡単には教えたくない…そう考えるのは自然なことです。それでも、他人に教えた方がいい理由があります。

更新日: 2014年11月03日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
690 お気に入り 85782 view
お気に入り追加

▼ どの組織でも「教えるタイプ」と「教えないタイプ」の人がいる…

1人は自分が「 知っているすべてのこと 」をブログに書くようになりました。そのブログはすぐに人気が出て、大勢のファンを獲得

▼ しかし、どうやら教える方がいいらしい ※教える方がメリット大

人間は「他人に教える時」に一番成長する。私は普段からサッカーを小学生に対して教えているが、まさにこれは実感している点である

▼ 人間関係において、「ひろがり」ができる ※ゆるい輪がひろがる

色んな人に分かち合うことを考える人は、目先の利益は取れないかもしれませんが、多くの人から慕われ、お客さんが集まるようになり

教えれば教えるほど専門家として見られるようになるのです。そして、専門家として見られるようになればなるほど、教える機会が増え

その様な機会により多くの人に教えることで、あなたのことを専門家だと見る人が増えていきます。このような広がりは、フリーランスで働いていて、大きなクライアントとの仕事がしたい人には特に有効

中には、こういう広がりを見せた例もある ※おそらくベストケース

「講演やトーク」、「本や雑誌への寄稿」、「ブログ、ポッドキャスト、ラジオ番組でのインタビュー等」を依頼されるようになります

▼ 自分の「 学びの機会 」になる ※自分の「学び」になります…

そして、なにも知識がない人に教えるということは、まずは、自分が企業について、製品について「 理解 」していなければならない

部下に「教えること」ができれば、自然と、「人に正しく伝える」「物事を体系的に考えられる」「部下だけでなく自分の課題を発見できる」力が身につき、部下はもちろんのこと、上司も成長することが

▼ 自分の知識を棚卸し・整理することができる ※仕事が効率的に…

自分の知識を見直し、整理する作業が必要になる…

研究でも証明されています。人に教える過程で、自分の理解の足りないところを認識したり、頭の中で情報をより整理したりすることが

他人におしえることで、本人が仕事の意味や作業の目的を考えるようになり、より「効率的・効果的」な仕事ができるようになるのです

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう